Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

米国ファーガソン複合火力向け蒸気タービン及び発電機の受注について

2012年02月09日

 当社は、米国のエンジニアリング会社であるフロアー社から、コロラド川下流開発会社が建設を予定している米国テキサス州のファーガソン複合火力発電所向け蒸気タービン発電機一式を受注しました。2013年8月に納入する計画で、同発電所は2014年7月に運転開始予定です。なお、契約は当社の米国現地法人である東芝インターナショナル米国社が行いました。

 今回納入するのは、ガスタービンと蒸気タービンとを組み合せた高効率の発電システムである複合火力発電用の蒸気タービン発電設備一式で、当社の高い技術力および機器信頼性が評価され、受注に至りました。

 米国では、環境保護庁が、発電所から放出される水銀と大気有害物質のガイドラインを今年12月に制定予定であり、旧式の非効率な石炭火力発電所を閉鎖し、高効率な石炭火力発電所や、安価でCOの排出量が石炭に比べ低く、供給力が向上しているシェールガスを用いた火力発電所の新設計画の増加が見込まれます。ファーガソン発電所も旧式の発電所を閉鎖し、天然ガスを用いた効率の高い発電所を新設する計画です。

 当社は米国、カナダ市場において、これまでに複合火力や石炭火力などで、建設中を含めると90台以上の蒸気タービン発電機の納入実績があり、同地域では8年連続でトップシェアを確保しています。特に近年、複合火力向の蒸気タービン発電機の受注台数が増えており、蒸気タービン発電機の累計の納入台数は2014年には100台を超える見込みで、同市場は当社の火力事業において今後も多くの新設受注が見込める重要地域です。また、2007年には米国で蒸気タービン発電機の既設改修事業を展開しているレジェンコ社を買収しており、サービス事業にも注力しています。

 今後も、当社は、高効率、高信頼性の機器の提供及びサービス事業の展開により、北米での火力事業拡大に注力してまいります。

注 当社調べ

受注概要 

(1)プロジェクト名:ファーガソン複合火力発電所プロジェクト

(2)事 業 者:コロラド川下流開発会社

(3)発注者:フロアー社

(4)所在地:米国テキサス州マーブルフォールズ近郊

(5)納入設備:195MW複合火力発電所用蒸気タービン及び発電機 1式

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。