Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

米国・ウェスタンデジタル社とHDD関連契約を締結

ウェスタンデジタル社のHDD製造設備等の取得と当社タイ製造拠点の売却
2012年02月29日

  当社は、米国ウェスタンデジタル社(以下、WD社)と、WD社の3.5型HDDの製造設備等の取得と当社のタイ製造拠点の売却などに関する契約を締結しました。今後関係当局の認可を経て、本年3月下旬までに資産取引完了を目指します。

  本契約により当社は、3.5型HDDに関し、WD社が所有するデスクトップPC向け、コンシューマ製品注1向けの一部の製造設備および知的財産と、ニアライン注2向けの一部の製造設備を取得します。一方、当社のHDD製造拠点のひとつである東芝ストレージデバイス・タイ社(以下、TSDT)の全株式をWD社に譲渡します。なお、今回の資産取引は、WD社が従来から進めている「日立グローバルストレージテクノロジーズ」の株式取得完了および関係当局の認可が前提となります。

  当社は、WD社の3.5型HDD事業の一部の資産を譲り受けることにより、既存のHDD製品ラインナップにデスクトップPCやDVDレコーダなどのコンシューマ製品向け3.5型HDDを加えることで、HDD全分野の製品を提供することが可能となります。また、今後サーバ市場の拡大に伴い、市場規模が拡大すると見込まれるニアライン向けの供給能力を増やし、ストレージ事業のさらなる強化を図ります。

 一方、WD社へのTSDT株式売却により、当社のフィリピンの製造拠点と中国の生産委託先に生産を集約することで、効率的な生産体制を構築し、コスト競争力を一層強化します。

  ストレージプロダクツ市場は、PC、タブレット端末、スマートフォン等アプリケーションの多様化や、クラウド化の進展による情報量の爆発的な増大により、継続的な拡大が見込まれています。

  当社は、従来特化してきたモバイル市場向け小型HDDに加え、2009年に富士通株式会社のHDD事業を買収し、サーバ市場向けHDDにも事業分野を拡大しました。また昨年7月には、社内カンパニーである「セミコンダクター社」と「ストレージプロダクツ社」を統合し、NAND型フラッシュメモリ、SSD、HDDを一社で併せ持つ、総合ストレージ事業を推進してきました。

  今回の取り組みを通し、当社はストレージ事業の拡大を加速し、同業界におけるリーディングカンパニーを目指します。

注1 DVDレコーダやセットトップボックスなどの映像保存用HDD
注2 「ニアライン」とは、サーバ向けのストレージの一種で、頻繁にアクセスされる「オンライン」と呼ばれるストレージに対し、アクセス頻度は比較的少ないが大容量のデータを記録するストレージを示す。信頼性の面では一般的なデスクトップPC向けHDDよりも高い。

東芝ストレージデバイス・タイ社の概要

所在地: タイ パトゥンタニ県
代表者: 社長 入子 実
設 立:2009年10月
資本金:10億バーツ
出資比率:株式会社 東芝 100%
業務内容:2.5型HDDの製造
従業員数:約4200人

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。