Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

業界で初めて第3世代インテル®Core™ i7プロセッサを搭載した産業用コンピュータを発売

2012年04月29日

 産業用コンピュータ「FA2100SS model 500」の写真

  当社は、産業用コンピュータシリーズのスリム型の最新モデルとして、業界で初めて注1第3世代インテル® CoreTM i7プロセッサを搭載した「FA2100SS model 500」を製品化し、5月7日から販売を開始します。

 「FA2100SS model 500」は、業界で初めて第3世代インテル® CoreTM i7プロセッサを搭載し、従来機種に比べ処理能力が約4倍注2向上しました。当社は、大容量データの高速処理が求められる検査装置、医療機器、放送機器、セキュリティ監視システムなどの市場を中心に拡販していきます。

 なお本製品は、2012年5月9日(水)~11日(金)に東京ビッグサイトで開催される第15回組込みシステム開発技術展(ESEC)に出展します。

注1
産業用コンピュータ市場において。当社調べ。
注2
CPUの加重最高性能(APP値、単位:実効テラ演算)で、従来機種「FA2100S model 300」と比較した場合の値。

新製品の開発の背景

 産業用コンピュータ市場では、昨今、取り扱うデータ量の増大や処理内容の複雑化に伴い、高速処理性能やインタフェースの高速化への要求が高まっています。このようなニーズに応えるため、産業用コンピュータに求められる24時間連続稼働を前提とした信頼性、拡張性、メンテナンスの容易さ、長期供給性を備えつつ、最新の第3世代インテル® CoreTM i7プロセッサの搭載により高速処理性能を向上させた新製品を開発しました。

新製品の主な特長

1.最新の第3世代インテル® CoreTM i7プロセッサ(Quad Core)を搭載

 業界で初めて第3世代インテル® CoreTM i7プロセッサを搭載し、処理性能が約4倍に向上しました。また、産業用コンピュータとして初採用のUSB3.0や、PCI-Express 3.0などの最新の高速外部インタフェースや、高性能オンボードグラフィック機能を搭載することで、CPUの高速処理性能と併せて大量データの高速処理を可能としました。

2.低消費電力化と環境配慮設計

 低消費電力部品の採用により、従来機種に比べ約4倍の高速処理を従来機種と同等以下の消費電力で実現することにより、エネルギー消費効率が約73%注3低減しました。また、メインボードなど自社設計のボードに鉛フリーはんだを使用しているほか、RoHS指令対応部材に対応します。

注3
従来機種「FA2100S model 300」と比較した場合の値。エネルギー消費効率とは、省エネ法で定められた測定方法により測定された消費電力の値を、省エネ法で定められた複合理論性能の値で割ったもの。同一基準での比較で、この値が小さいほどエネルギー消費効率に優れている。

3.当社製RAIDコントローラを搭載

 当社製RAIDコントローラにより、障害発生時にも迅速な解析や復旧が可能です。

4.各種OS、PCIバスにも対応

 OSはWindows® 7 Professional/Windows® XP Professional/Windows ServerⓇ 2008 R2 Standardを用意しました。また、拡張スロットとしてPCIバススロットも2スロット搭載しています。

5.長期安定供給と長期保守サービス

 発売後5年間、同一機種の製品供給を行います。また、販売終了後さらに継続して7年間(有償オプションにより最長10年間)の保守サービスを行います。長期安定供給により、システムや装置への継続適用や段階的なシステム拡張増設も安心して行うことができます。

新製品の主な仕様

モデル名

FA2100SS model 500

CPU

第3世代 インテル® CoreTM i7プロセッサ (Quad Core)

(3615QE/2.3GHz)

主メモリ

DDR3-1333 DIMM

2GB~最大8GB(ECC付メモリ)

ハードディスク

シングルディスクモデル: SATAハードディスク160GB 最大2台搭載

ミラーディスクモデル : SATAハードディスク160GB×2台搭載 容量:160GB

補助記憶装置

内蔵DVD-ROM、内蔵DVDスーパーマルチ(オプション選択)

標準インタフェース

RS-232C×2ch、イーサネット(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T自動切替)×2ch、USB×6(USB2.0×4、USB3.0×2(※1))、サウンド(LINE-IN,LINE-OUT,MIC-IN各1ch)

拡張スロット

PCI Express(x16)×1スロット(PCI Express 3.0)

PCI×2スロット

グラフィック

DVI-D×1ch、アナログRGB×1ch

RAS機能

RASハードウェア、RASサポートソフトウェア標準搭載

標準搭載: ウォッチドッグタイマ、メモリエラー検出、PCIバスエラー検出、電源電圧低下検出、電源断検出、内部温度上昇検出、ファン停止検出、CPU温度上昇検出、PowerスイッチOFFによる自動シャットダウン、RASメモリへの情報保存、
オプション機能: リモートイニシャライズ、リモート電源ON/OFF、ディジタル入出力(※2)(DI/DO各4点)

電源

ワイドレンジ85V~264VAC、50/60Hz±3Hz

 

本体サイズ

縦置き時 100(W)×310(H)×340(D)mm (突起部不含、スタンド不含)
横置き時 310(W)×100(H)×340(D)mm (突起部不含、スタンド不含)

 

OS

Windows XP Professional(32bit) (※3)

Windows® 7 Professional(32bit) (別途リリース予定)

Windows® 7 Professional(64bit) (別途リリース予定)

Windows ServerⓇ 2008 R2 Standard(64bit) (別途リリース予定)

(※1):Windows® XP搭載時はUSB3.0には対応しません。USB2.0で使用できます。
(※2):ディジタル入出力機能はオプションです。
(※3):Windows® XPプレインストールモデルは、2016年12月末までにエンドユーザ様へのシステム納入が必要です。また、当社からの販売は2016年9月に終了します。

新製品に関するお客様からのお問い合わせ先:

ソリューション・自動化機器事業部
計測制御営業部 計測制御営業第二担当
TEL : 03(3457)4726
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。