Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

業界最速クラスの高速起動を実現した世界最軽量ウルトラブック
「ダイナブック(dynabook)R632」などの発売について

21:9サイズの映画をフルスクリーンで楽しめる14.4型ウルトラブックも投入
2012年06月11日

  dynabookR632とdynabookR542の画像


 当社は、2012年PC夏モデルの新商品として、業界最速クラスの約7秒注1起動を実現した世界最軽量注2薄型ボディの「dynabook R632」をはじめ、縦横比21:9液晶(1,792×768ドット)と高性能スピーカーを搭載し、臨場感ある映像視聴が楽しめる「dynabook R542」など、ウルトラブック注32機種3モデルを6月15日から順次発売します。
 
 「dynabook R632」は、フルサイズのLANポートやRGBコネクタなどのインターフェースを搭載し、高速処理とモバイル性能を重視した世界最軽量注2のウルトラブックです。インテル®最新プラットフォームの高性能を引き出す自社開発のBIOS注4と高速データ転送を実現するSATA3.0対応SSD(Solid State Drive)注5の採用により、起動時のプログラム処理を最適化した「東芝高速スタート」機能を用いた場合、従来機種注6に比べ約8秒速い注7約7秒注1での起動が可能です。また、データのアクセスについても、従来機種比注6で約5.8倍の書き込みと約2.5倍の読み出し速度を実現しています。さらに、今回、新たなカラーバリエーションとして、マグネシウム合金の質感をそのまま生かした高級感のあるシャンパンゴールドを追加しました。


 「dynabook R542」は、映画コンテンツを21:9サイズのままインターネット配信するサービスに対応し、14.4型の21:9液晶を搭載したほか、harman/kardon® ステレオスピーカーを採用するなど、AV性能を重視したウルトラブックです。14型クラスの16:9 液晶(1,366×768ドット)では、上下に黒帯が表示されることで13型相当に縮小表示されていた21:9サイズの映画をフルスクリーンで楽しむことができます。また、横の表示領域が16:9 液晶より約1.3倍と広いため、複数のウィンドウを並列表示させても快適な領域を確保しやすく、効率的に作業できます。さらに、OSやアプリなど使用頻度の高いソフトウェアを専用のSSDに格納することで起動時間を短縮するとともに、HDDには映像などの大容量データを保管することができます。

 新商品は、インターネットを介したビデオ通話を楽しむスタイルが普及し始めるなか、ビデオ通話ソフト「Skype™」注8に加え、通話中に分からない操作を教えてくれる「Skypeらくらくナビ」を搭載するなど、初めての方でも使いやすいウルトラブックです。

 当社は今後も、多様化するユーザーニーズに対応し、より使いやすい機能とデザインを実現したウルトラブックなど、PC新商品を展開していきます。 

注1

「高速スタートモード」選択時。秒数は出荷時状態での最速値、当社調べ。なお、出荷時状態においても、起動時に実行されるソフトウェアの状況によっては起動に時間がかかることがあります。また、お客様の設定や使用状態によって異なる場合があります。

注2

13.3型ワイド液晶搭載ノートPCとして。2012年6月11日現在、当社調べ。2012年6月15日発売予定。

注3
Ultrabook™(ウルトラブック)はインテルコーポレーションの商標または登録商標です。
注4
Basic Input Output Systemの略。さまざまなハードウェアを制御するプログラム。
注5

SSDはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略称であり、フラッシュメモリを記憶媒体とするドラ イブです。

注6

「dynabook R631」との比較。R631で「東芝高速スタート」機能を用いた場合の起動時間:15秒、R631の書き込み速度:約45Mbps、読み出し速度:約180Mbps。R632の書き込み速度:約260Mbps、読み出し速度:約450Mbps。当社調べ。お客様の環境によって速度が異なる場合があります。

注7

「高速スタートモード」を設定しているdynabook R631と比較した場合。当社調べ。

注8

別途アカウントの作成が必要となります。また、インターネット通信料はお客様のご負担となります。Skypeの名称、これに関する商標とロゴ、および「S」ロゴは、Skypeまたはそれに関連する団体の商標です 

商品化の背景と狙い


 薄型で高水準の性能と応答性を備えた「ウルトラブック」がノートPCの新たなカテゴリーとして確立しつつあります。このようななか、当社は長年培ってきたBIOS技術や高密度実装技術をはじめとする差異化技術をベースに、従来機種よりさらなる高速化を実現し、カラーバリエーションも追加したモデルを商品化しました。さらに今回、オンデマンドでの映画視聴など、エンターティメントでの利用シーンも訴求したモデルとして、縦横比21:9液晶や高性能スピーカーを搭載した新たなタイプのウルトラブック投入によりラインアップを拡充することで、多様化するユーザーニーズに応え、シェア拡大を図ります。

新商品の概要

1.ウルトラブック【dynabook R632/28F】  6月15日から発売/オープン価格

 先進の第3世代デュアルコアCPU搭載により高速処理を実現したほか、従来比で体積が約30%小型化したACアダプターを付属しモビリティを強化。世界最軽量注9薄型ボディにLANやRGBコネクタなどのインターフェースを搭載した13.3型ウルトラブック。

モデル名

R632/28F(2色)

画面

13.3型ワイドHD軽量薄型・高輝度液晶(省電力LEDバックライト)

1,366×768ドット

CPU

インテル® Core™ i5-3317U プロセッサー 動作周波数1.70GHz

(インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大2.60GHz)

SSD /メモリ

128GB / 4GB

Webカメラ

有効画素数 約130万画素

質量

約1.12kg

駆動時間

約9.0時間注10

外形寸法

(突起部含まず)

約316.0(幅)×227.0(奥行)×8.3~15.9(高さ)mm

主なインターフェース

USB3.0×1、USB2.0×2、LAN(RJ45)×1、

RGB(15ピン ミニD-sub 3段)×1、HDMI出力端子×1

特長

東芝高速スタート、長時間バッテリー駆動、

東芝ピークシフトコントロール、

節電(eco)ボタン/ TOSHIBA ecoユーティリティ、

SRS Premium Sound HD™、

Skype™、Skypeらくらくナビ、TOSHIBA Active Display Off、

Microsoft® Office Home and Business 2010( SP1)

*SSDの容量は1GBを10億バイトで算出しています。お客様が実際に使える容量は、付属するソフトウェア占有量などにより上記の計算値より小さい値になります。

2.ウルトラブック【dynabook R542/16FS】  7月下旬から発売/オープン価格

 21:9サイズの映画をフルスクリーン表示できる液晶を搭載したほか、harman/kardon® ステレオスピーカーとSRS Premium Sound 3D™による高音質サウンドで、臨場感のある映像視聴が楽しめる14.4型ウルトラブック。

モデル名

R542/16FS

画面

14.4型ワイドHD(21:9)高輝度液晶 (省電力LEDバックライト)

1,792×768ドット

CPU

インテル® Core™ i5-3317U プロセッサー 動作周波数1.70GHz

(インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大2.60GHz)

HDD /メモリ

500GB HDD + 32GB SSD注11 / 4GB

Webカメラ

有効画素数 約130万画素

質量

約1.69kg

駆動時間

約8.0時間注10

外形寸法

(突起部含まず)

約368.5(幅)×200.0(奥行)×20.8(高さ)mm

主なインターフェース

USB3.0×3、LAN(RJ45)×1、HDMI出力端子×1

特長

東芝高速スタート、長時間バッテリー駆動、

東芝ピークシフトコントロール、TOSHIBA ecoユーティリティ、

harman/kardon® ステレオスピーカー、SRS Premium Sound 3D™、

Skype™、Skypeらくらくナビ、TOSHIBA Active Display Off、

Microsoft® Office Personal 2010 ( SP1)

*HDD/SSDの容量は1GBを10億バイトで算出しています。お客様が実際に使える容量は、付属するソフトウェア占有量などにより上記の計算値より小さい値になります。

注9

13.3型ワイド液晶搭載ノートPCとして。2012年6月11日現在、当社調べ。2012年6月15日発売予定。

注10
JEITA測定法(Ver1.0)による値。駆動時間は使用環境および設定などにより異なります。
注11

本製品のSSDは高速化のためのキャッシュメモリとして使用されるため、データなどの保存領域として使用することはできません。

主な機能とソフトウェア

1.「東芝高速スタート」

 「高速スタートモード」で電源を切った場合、次にPCを立ち上げるとき、起動時に行うBIOS処理とプログラムの読み込みが最適化され、起動時間が短縮されます。電源ボタンを押してからWindows®が立ち上がるまでの起動時間を短縮することで、待ち時間が少なく、快適に操作を開始できます。

2.「東芝スプリットスクリーンユーティリティ」(dynabook R542に搭載)

 複数のウィンドウを表示させる際に、ウィンドウを重ねることなく手軽に配置できる当社独自のソフトウェアです。あらかじめ2分割で利用頻度の高い4パターンのテンプレートが登録されているほか、カスタマイズしたレイアウトを追加登録することも可能です。簡単な操作で最適な配置に並べることができ、ウェブサイトを閲覧しながら文書を作成するなど、効率的に作業できます。

3.「Skypeらくらくナビ」

   ビデオ通話ソフト「Skype™」注12の利用にあたって、アカウントの取得方法から基本的な使い方まで、動画でわかりやすく説明するソフトウェアです。Skype™を起動した状態で画面に表示された説明動画を見ながら操作できるため、初めての方も安心して利用できます。

注12
別途アカウントの作成が必要となります。また、インターネット通信料はお客様のご負担となります。Skype の名称、これに関する商標とロゴ、および「S」ロゴは、Skypeまたはそれに関連する団体の商標です。

4.「RZスイート express」

 PCと液晶テレビ「レグザ」やブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ」を、家庭内のネットワークを介して注13連携する当社オリジナルのAV機器連携ソフトウェアです注14。「レグザブルーレイ」が受信している放送中の番組や、「レグザ」または「レグザブルーレイ」で録画した番組を、家庭内の好きな場所で視聴できる注15ほか、「レグザブルーレイ」で録画した番組をダビングして注16家庭内から屋外に持ち出して視聴できることで、時間と場所を選ばず自由にテレビ番組の視聴をPCで楽しむことができます。

注13

環境、電波状況、ネットワーク速度により、映像や音声が途切れたり、視聴できないことがあります。また、すべての動作を保証するものではありません。

注14

Windows®搭載PCと、液晶テレビ「レグザ」やブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ」と連携する当社オリジナル

のAV機器連携のソフトウェアです。ウェブからのダウンロードおよびインストールが必要です。

 <対象機種>

  対象機種については、Webサイト(http://www.toshiba.co.jp/regza/link/regzalink_taiou_tab.html)をご覧ください。

注15

デジタル放送など著作権保護されたコンテンツのみの対応となります。また対応機器のチューナーで視聴可能な映像のみの対応となります。配信される映像は、実際の放送より遅れて再生されます。

注16

デジタル放送など著作権保護されたコンテンツのみの対応となります。

環境への配慮

1.省エネ対応設計

(1)TOSHIBA ecoユーティリティ

 ワンタッチで最適化された節電モードに切り替えできます注17。また、消費電力の推移をリアルタイムにグラフ表示するため、視覚的にも節電を実感できます。

(2)国際エネルギースタープログラム基準に適合注18

 国際エネルギースタープログラムの参加事業者として、積極的に製品の基準適合を推進しています。

注17
R632のみ節電(eco)ボタンを搭載。R542はアプリケーションソフトで切り替え可能です。
注18
国際エネルギースタープログラムは、世界7カ国・地域で実施されているオフィス機器の国際省エネルギー制 度です。詳細については、Webサイト(http://www.energystar.jp/)をご覧ください。

2.化学物質管理の徹底

有害物質発生の抑制

 特定有害物質の使用禁止を定めた「EU-RoHS指令注19」や、「J-Mossグリーンマーク注20」に適合しています。 また、有害物質の水銀が含まれていないLEDを液晶バックライトに採用しています。 

注19
RoHSは、Restriction of the use of certain Hazardous Substancesの略称です。EU(欧州連合)では、コンピューターや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
注20
J-Mossは、電機電子機器に含有される化学物質の表示に関するJIS規格(JIS C 0950)の略称です。

 当社グループの環境ビジョンについて 

 当社グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ“Green of Process”」、「東芝の作る製品がエコ“Green of Product”」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ“Green by Technology”」の   3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。
 当社グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。詳細は以下をご覧ください。
URL: http://www.toshiba.co.jp/env/jp/management/vision2050_0_j.htm 

添付資料

お客様からの商品についてのお問い合わせ先:

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。