Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

発電とCO分離・回収が同時に可能な新火力発電システムの共同開発について

COを有効活用し、NOxを排出しない革新的なシステムを実現
2012年06月15日

 当社は、米国ベンチャー企業のネットパワー社、米国大手エンジニアリング会社ショー・グループ(以下ショー)、米国大手電力会社のエクセロンと共同で、発電とCOの分離・回収を同時に実現できる新火力発電システムを共同開発することで合意しました。
  4社は今後、プラント設計などを行い、25MW相当のパイロットプラントを米国内にあるエクセロンの発電所敷地に2014年に建設し、実証試験を経た上で2017年に250MW級プラントの商用化を目指します。

 今回開発するのは、超臨界圧のCOを用いた酸素燃焼の循環システムで構成され、COを有効活用でき、NOxを排出しないゼロエミッションの火力発電システムです。
  このシステムを用いることで、COを分離・回収する設備(CCS)を別に設置することなく、高純度の高圧COを回収することができます。高圧のCOは貯留することも可能なほか、米国などの石油採掘現場で用いられている「EOR」に適用でき、COを有効活用できます。

 今回の共同開発において、当社は本システムのキーコンポーネントである高温・高圧のタービン・燃焼器の開発を担当します。当社が研究・開発を進めてきた高温タービン用材料技術を活用するほか、当社の保有する燃焼技術・冷却技術を応用して、革新的なタービン・燃焼器の開発を進めていきます。
  ネットパワー社およびショーは発電プラントの全体エンジニアリングを、エクセロンはパイロットプラントの用地提供および許認可の取得を担当します。
  今回、米国の大手電力会社であるエクセロンや発電プラント建設で多数の実績があるショーと共同開発し、25MWのパイロットプラントで本システムの早期実証を目指します。

 4社は共同開発完了後、EORのニーズの高い米国や中東地域等で、本システムの事業展開を図るとともに、環境調和性の高い本システムを供給することで、エネルギーの最適活用および地球温暖化防止に貢献していきます。

注 EOR:Enhanced oil Recovery 老朽した油田の掘削現場において、高圧のCOを注入し、石油の採掘量を増大させる手法のことです。

今回開発するシステムの概要

 今回共同開発する新しい火力発電システムは、CO、天然ガスおよび酸素を注入して燃焼させて発生した高温ガスでタービンを回転させて発電します。その後、タービンから排出された燃焼ガス(COと蒸気)は、熱交換器を経て冷却され、水分を分離した後、高圧ポンプで圧縮されます。大部分のCOは燃焼器へ循環されますが、燃焼により発生したCO分はそのまま回収することができます。

今回開発するシステムの構成図

構成図

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。