Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

南相馬市と大規模太陽光発電所・スマートコミュニティ導入に関する協定書を締結

10万kW規模の太陽光発電所を建設し、復興と地域活性化への貢献目指す
2012年06月20日


 当社は福島県南相馬市と、同市の復興と地域活性化に貢献するため、日本最大注1の総発電能力10万kW規模の大規模太陽光発電所群建設およびスマートコミュニティ導入に関する協定書を締結しました。太陽光発電所群の建設については、今後、事業化検討を進めた上で、2012年度中の着工、2014年度までの運転開始を目指します。

 今回の協定書締結により、当社は南相馬市が再生可能エネルギーを重点的に導入するエリアとして指定する右田・海老地区、真野地区、原町東地区をはじめとする沿岸部全域を対象に、数か所に合計の発電能力が10万kW規模となる太陽光発電所群を建設することについて南相馬市と共同で検討します。なお、今回の発電所群には当社などが、環境省「平成23年度再生可能エネルギー事業のための緊急検討委託業務」で委託され、今年1月から実施可能性調査を行っている発電能力2万kWの太陽光発電事業も含まれる予定です。
  太陽光発電所の建設・運営に関しては、今後設立する特別目的会社で行う予定で、今後、この特別目的会社への出資者を広く国内外に募っていく計画です。

 また、太陽光発電所を核に、バイオマス発電や小規模水力発電などの再生可能エネルギー活用や、蓄電池や地域のエネルギー管理を行うEMS(エネルギーマネジメントシステム)などの導入を通して、エネルギー循環型都市を目指したスマートコミュニティ構築に関する計画の策定検討も行っていきます。

 当社は、南相馬市が進める、地域コミュニティの強化を図る「誰もが暮らしやすい世代循環のまち」、第一次産業を核とした「EDEN計画注2を核とした循環型地域産業の創造」に対して、大規模太陽光発電所建設やスマートコミュニティ構想提案を通して、実現に協力します。

 今回の南相馬市との協定書締結を機に、同市における最適な事業内容を検討するとともに、当社の事業経験や技術を生かし、被災地の復興に貢献できるよう努めていきます。

注1 2012年6月現在、日本国内における単一行政区域内のメガソーラープロジェクトとして。
注2 EDEN計画:Ecotown Design Enterprise on Nansouの意味。新しい南相馬を、地球に優しい方法でデザインするという意味です。

太陽光発電所建設の検討計画概要について

1.建設地                     :福島県南相馬市内 複数か所
2.太陽光発電出力         :10万kW規模(予定)
3.年間推定発電電力量 :10,500万kWh/年(一般家庭約30,000世帯分)

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。