Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

東芝グループのグローバル研究開発体制の強化について

インドなど新興地域を中心に海外研究開発人員を増強
2012年07月10日

 当社は、中期経営計画で掲げる「トータル・ストレージ・イノベーション」と「トータル・エネルギー・イノベーション」の両分野におけるグローバル展開の加速に向け、社会インフラにおけるソフト開発や新興国市場向けの製品開発を中心に、海外での研究開発体制を強化します。2014年度までに、当社グループ全体における設計開発も含めた研究開発人員増加数の約7割にあたる750名を海外で増強することで、グローバルレベルでの研究開発を加速します。

 「トータル・ストレージ・イノベーション」の分野では、主に社会インフラクラウド基盤などの開発加速に向け、インドの拠点をはじめとする海外研究開発人員を2014年度までに約400名程度増員し、システム・ソフトウェア分野でのグローバル化を進めます。また、研究開発費については、中期経営計画における1兆800億円のうち約6割を当該分野に投入します。
 「トータル・エネルギー・イノベーション」の分野では、発電機器の開発などを中心に海外研究開発人員を2014年度までに約300名程度増員するほか、ウェスチングハウス社やランディス・ギア社などの研究開発部門とも連携を一層強化することで、グローバル研究開発体制を確立します。
 また、基礎研究人員として、約50名の増員を計画しています。

 さらに、知的財産については、2014年度のグローバル出願率を現行の約5割から7割まで向上させることで、グローバルレベルでの知的財産確保を強化するとともに、ライセンス収入についても現行の1.3倍まで引き上げる計画です。

 当社は、今後も経営方針である「グローバルトップへの挑戦」を念頭に、各事業分野の展開に即応するグローバルな研究開発体制を早期に構築することで競争力強化を図り、  成長の芽となる新技術を創出していきます。

「トータル・ストレージ・イノベーション」について

情報のビッグデータ化とセキュリティ確保などの課題解決に向け、当社が持つNAND型フラッシュメモリやHDD、SSDなどのストレージデバイスをベースに、それぞれを生かしたシステムやデータセンターを構築し、クラウド基盤においてリテールやヘルスケアなどのソリューションを提供していく取り組み。

「トータル・エネルギー・イノベーション」について

高効率で安定的な電源確保に向け、火力・原子力などの基幹電源や再生可能・新エネルギーのベストミックスをはじめ、最適な送配電を実現するスマートグリッドのほか、需要側での省エネシステムであるBEMSやHEMSなどを提供することで、持続可能な社会の実現を目指す取り組み。  

添付資料


 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。