Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

米国における火力発電所大型改修工事の受注について

2012年08月09日

 当社は、米国・アイオワ州のオットゥムワ火力発電所向け発電設備に関して、米国のエンジニアリング会社であるバーンズ&マクドネル社から、蒸気タービンの更新用機器供給及び据付工事と発電機ステータコイル巻替用品供給及び巻替工事を受注しました。なお、契約は当社の米国現地法人である東芝インターナショナル米国社が行い、2014年9月に据付工事が開始され、2014年末までに完工する予定です。

 今回納入する高効率の蒸気タービンの出力は80万kW級で、現在設置されている蒸気タービンに比べて出力が約14%注1向上します。このような当社の高出力で環境性能が優れた技術が高く評価され受注に至りました。

 米国では、環境保護庁により、CO排出に関する規制に加え、発電所から放出される水銀などの大気有害物質に対する規制が昨年12月に法制化されており、旧式の非効率な石炭火力発電所は新たな環境対策を講じない限り閉鎖を余儀なくされる状況にあります。そのような市場環境において、当社は閉鎖による需要を補うための新規発電所向けの機器供給に加え、旧式の発電設備から最新の発電設備への改修需要にも積極的に対応していきます。

 当社は米国・カナダ市場において、これまでに複合火力や石炭火力、地熱などで、建設中を含めると90台以上の蒸気タービン発電機の納入実績があり、米国では9年連続でトップシェア注2を確保しています。また、2007年に買収し、関係会社として米国で蒸気タービン発電機の既設改修事業を展開していたレジェンコ社を、2012年に東芝インターナショナル米国社に統合してグループで一貫したサービスを提供する体制を構築するなど、新設プラントだけでなく、既設プラントのサービス事業にも注力しています。

 当社は、今後も高効率、高信頼性の機器の提供及びサービス事業の展開により、北米での火力発電所の新設及び改修事業を強化していきます。

注1
当社調べ。
注2
当社調べ。

受注概要 

(1)発電所:オットゥムワ火力発電所
(2)所在地:米国アイオワ州オットゥムワ
(3)事業者:インターステートパワー&ライト社
(4)発注者:バーンズ&マクドネル社
(5)受注品:蒸気タービンの更新1台、発電機ステータコイル巻替1式

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。