Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

福島県飯舘村における復興事業への協力に関する協定書締結について

2012年08月31日

 当社は、株式会社スマートコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 上遠野健一、以下「スマートコミュニケーションズ」)と共同で、福島県飯舘村において経済復興および地域活性化を推進する「新までいな村(仮称)構想推進準備委員会」(以下、「委員会」)に協力していく旨の協定書を締結しました。今後当社は、委員会において、復興計画の具体化に向けた協力内容に関する協議を行っていきます。 

 今回の協定書締結により、当社およびスマートコミュニケーションズは、生活インフラ整備や産業振興に向けたマスタープラン作りへの協力をはじめ、飯舘村の里山復興を目指す「新までいな村構想:スマートビレッジ構想」の具体化に関する検討などを行います。
 また、当社は、同村の75%を占める森林を有効活用するバイオマス発電や、風力、太陽光などの再生可能エネルギーの導入・設置に関する技術検証をはじめ、売電・熱電供給サービスの事業性検証などを行います。スマートコミュニケーションズは、復興計画の進捗情報の発信に関するサービスなどの面で協力します。

 両社は、「新までいな村構想」について、計画策定段階から参画し、それぞれが保有する様々な知見・ノウハウを提案していくことで早期実現を目指します。また、今後、再生可能エネルギーの発電や村内のエネルギー利用制御などの運営・事業化を行う「いいたて復興公社(仮称)」の設立についても検討を進めていきます。

 飯舘村は、現在村の全域が計画的避難地域に指定されており、環境省が進めている除染後に帰村を促すため、村内に環境調和型の住宅整備や再生可能エネルギーの発電所の建設、雇用創出に向けた産業振興などの取り組みが必要となっています。
 当社は、国内外で多くのスマートコミュニティプロジェクトに携わっていることから得た知見や関連技術を生かし、被災地の復興に貢献できるよう努めていきます。

「までい」とは福島地方に古くから伝わる方言で「親切・丁寧」「手間を惜しまない」「心を込めて」の意味。「までいな村」とは、「までい」を実現した村の意味です。

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。