Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」の発売について

長寿命・高性能な系統連系蓄電システム
2012年09月10日

株式会社 東芝
東芝ライテック株式会社

エネグーンの製品写真

 TOSHIBA

定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」

 

 東芝グループは、スマートコミュニティ事業の拡大にあたり、スマートホーム事業の取り組みを強化しています。この度、東芝グループにおける二次電池技術や機器制御技術などを結集した定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」を開発し、本年11月に東芝ライテック(株)より発売します。販売目標は、今後1年間で12,000台です。

 新製品は、定置式家庭用としては大容量(6.6kWh)タイプであることから、夜間に貯めた安い電力を長時間使用することが可能です。また、家庭用蓄電システムとしては業界トップ注1の高出力(3.0kVA)で、エアコンやその他の電気製品を同時に使用できる系統連系蓄電システムです。さらに、万一の停電時にも、冷蔵庫や照明などを約12時間使用することができます注2

 蓄電池本体には、高い安全性を確保しながら、6,000回以上のサイクル寿命注3があり、急速充電性能、高出力性能、低温動作等の優れた特性を持つ東芝製リチウムイオン電池SCiBTMを搭載しています。業界トップ注1の約2時間での急速フル充電が可能なので、計画停電など、急な充電が必要な場合にも対応できます。

 コントローラは、デザインにブラック&ホワイトフェースを採用し、「おすすめ」や「アシスト」などの操作ボタンを備えています。その他、運転表示、充電履歴表示、充放電時間が複数設定できるダブルタイマー、電池残量の設定などの操作ができます。
 さらに、蓄電システムとして業界初注1となる「ECHONET LiteTM(エコーネットライト)」注4に対応した機種もラインアップし、東芝ホームITシステム「フェミニティ」と接続することで、スマートフォンで蓄電システムの運転状態や充電量などを外出先などから見ることができます。

 今後も、東芝グループは太陽光発電システム、家庭用蓄電システム、燃料電池などの新エネルギー機器と家電の効率的制御を含むHEMS注5、スマートホーム関連技術の開発、製品化に取り組んでいきます。

注1
2012年9月10現在、定置式電池の家庭用途について、東芝ライテック調べ。
注2

照明100W、冷蔵庫160W、テレビ150W、パソコン30Wとしてご使用の場合。

注3
25℃ 3Cフル充放電での数値であり、保証値ではありません。また充放電条件により異なります。
注4
エコーネットコンソーシアムにて2011年7月に策定されたHEMS構築のための通信規格。家電機器、スマートメーター、太陽光発電システム等を含む約80種類以上の機器の制御を規定し、2012年2月、 スマートコミュニティアライアンスの「スマートハウス標準化検討会」より、「公知な標準インターフェース」として推奨された。
注5

HEMS:ホーム・エネルギー・マネージメント・システム

 新製品の主な特長 

1.安全・高性能なリチウムイオン電池SCiBTMを搭載

 東芝製リチウムイオン電池SCiBTMは、負極材にチタン酸リチウムを採用しており、外部からの力などで内部短絡が生じても熱暴走を起こしにくい構造で、6,000回以上のサイクル寿命注3などの諸特性を持つ安全性に優れた電池です。SCiBTMは、一般社団法人電池工業会発行「産業用リチウムイオン二次電池の安全性試験(SBA S 1101:2011)」に準拠していることを第三者認証機関であるテュフラインランドジャパン(株)から認証証明書を取得しています。

2.貯めた電気を家全体で使うことが可能

 本システムは大容量(6.6kWh)、高出力(3.0kVA)で、分電盤に接続し、家中の電気製品に電気を供給する長寿命・高性能な系統連系蓄電システムです。大容量・高出力なので、電気機器を長時間使用できるほか、100V機器だけでなくエアコンなど200V機器にも使えます。充電は通常モードでは約5時間です。急速モードでは約2時間で充電できるため、計画停電や急な充電が必要な場合にも対応できます。さらに、万一の蓄電池本体の故障時に備えて、蓄電システム用分電盤に搭載した保守用切替器を操作することにより、商用電源を家庭内全体の電気機器に供給でき、安心して使用いただけます。

 

システム全体図

 

3.電気料金が安いときに貯めて、電気代の節約に貢献

 コントローラであらかじめ充電時刻と使用時刻を設定しておけば、深夜など電気料金の安い時間帯に充電するなど、毎日自動で経済的な運転ができます。また、コントローラの「おすすめ」ボタンで簡単に経済的な運転モードに設定できます。さらに、太陽光発電システムと組み合わせた場合、夜間に系統から蓄電池に充電した電気を日中に使用することで、太陽光発電システムで発電した電気をより多く売電することが可能です。

4.深夜に電気を貯めて電力使用のピークを抑制

 家庭内の電力ピーク抑制だけでなく、地域の電力抑制にも貢献します。電力ピークを常時抑えることで、契約電流を見直し、毎月支払う電気の基本料金を下げることも可能です。また、地域の電力逼迫時にも必要な電気製品を止めることなく運転できます。コントローラの「アシスト」ボタンを押せば、契約電流を超えた分の電力を本システムから供給するので、朝晩の調理ピーク時にもブレーカーが落ちる心配がありません。

          ピーク電力抑制のイメージ

 

5.急な停電でも貯めた電気を使用でき安心

 停電になると停電を検知し、蓄電システムが自動的に電気を供給します注6。また、大容量(6.6kWh)の蓄電が可能なので、テレビ・照明・冷蔵庫などを最大約12時間連続して使用でき注2、長時間停電の際にも太陽光発電で電気を貯めて使用できます。

注6

予め、停電時に使用したい電気機器を蓄電システム用分電盤に接続します。その機器にのみ電気を供給します。使用できるのは、AC100V機器のみです。

 6.スマートフォンでの遠隔監視も可能

 通信用アダプタ内蔵のコントローラを搭載した機種注7では、東芝ホームITシステム「フェミニティ」と接続することで、スマートフォンで蓄電システムの運転状態や蓄電量などの遠隔監視なども可能です。通信プロトコルには、蓄電システムとして業界初注1となるHEMS標準プロトコル「ECHONET LiteTM」を採用しています。

ホームITシステム接続例

 
注7
コントローラ「ENG-C10A1」,「ENG-C20A1」の2機種

新製品の主な仕様

・蓄電池本体

形名

ENG-B6630A1

蓄電池部

電池種類

リチウムイオン電池SCiBTM

定格容量

6.6kWh

出力

定格電圧

通常時:単相二線式200V(単相三線に接続) 

停電時:単相二線式100V

定格電力

通常時:3.0kVA 停電時:2.0kVA

使用条件 

設置場所

屋外

使用温度範囲

-10℃~40℃

使用湿度範囲

10~95%RH(結露なきこと)

本体構造

外形寸法

W:892mm D:302mm H:1080mm(突起部を除く)

質量

168kg

・コントローラ

形名

ENG-C00A1

ENG-C10A1

ENG-C20A1

構造

外形寸法

W:146mm D:22mm H:120mm

通信用
アダプタ

通信方式

無線BlueTooth®

有線LAN

対応プロトコル

ECHONET Lite

・蓄電池システム用分電盤

形名

ENG-PB3062K-2N4D

外形寸法

W:500mm D:110mm H:320mm

新製品に関するお客様からのお問い合わせ先:

東芝ライテック株式会社 HEMS事業統括部
TEL : 03(3457)4493
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。