Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

英ARM社の「Cortex™-M4」を採用した汎用マイコンの発売について

デジタル一眼レフカメラなどの性能向上に寄与
2012年09月13日
汎用マイコンの写真

 当社は、国内半導体メーカーでは初めて英ARM社のマイクロプロセッサ「Cortex™-M4」注1を採用したデジタル一眼レフカメラなどに適した汎用マイコンを製品化しました。2012年12 月からサンプル出荷し、2013年9月から量産を開始します。

 新製品は、英ARM社の高効率な信号処理機能をもつマイクロプロセッサ「Cortex™-M4」と当社が独自開発したコプロセッサ「PSC」(Programmable Servo/Sequencer Controller)を搭載した汎用マイコンです。当社従来製品注2に比べ、最大約3倍の演算処理能力注3があり、消費電力も約3分の2注4に低減しました。

 デジタル一眼レフカメラに搭載する場合、当社従来製品ではシステム制御、オートフォーカス制御、各種センサー処理など多岐にわたる制御を、全て一つのプロセッサで処理してきました。新製品では基本処理性能を向上させるために英ARM社「Cortex™-M4」を採用するとともに、専用動作を処理する当社独自開発のコプロセッサ「PSC」を搭載することで、更なる高性能化と低消費電力化を実現しました。

 新製品に搭載している当社独自開発のコプロセッサ「PSC」は、光、温度、速度変化等の各種センサが出力する信号処理、特定周波数のフィルター等、多様な専用動作を処理できるため、高い演算処理能力と低消費電力が求められる精密機器やモータを制御する産業機器、人や物の動きを感知するモバイル機器や家電などにも広く応用できる製品です。

 当社は今後も英ARM社の「Cortex™-M」シリーズを採用し、スマートメーターやデジタルカメラ、音響機器、映像機器などさまざまなデジタルプロダクツに最適な汎用マイコンをラインアップしていきます。

注1
ARMおよびCortexはARM LimitedのEUおよびその他の国における商標および登録商標です
注2
TMP19A44FEXBG 2009年8月発売
注3
当社オリジナルベンチマークプログラム実行時
注4
NORMAL動作時

新製品の概要 

品  番

タイプ

サンプル

価格(税込)

サンプル出荷時期

量産開始

時期

量産規模

TMPM440FEXBG

TMPM440F10XBG

フラッシュ

メモリ内蔵

900円

2012年

12月

2013年

9月

月産

100万個

新製品のおもな特長 

1.英ARM社のマイクロプロセッサ「Cortex™-M4」を採用

 英ARM社の「Cortex™-M」シリーズのハイエンドコアであるマイクロプロセッサ「Cortex™-M4」を採用しています。ほとんどの演算命令は1サイクルでの実行を実現し、更に一部の演算命令(積、積差、積和)に関してはSIMD(Single Instruction Multiple Data)注5に対応しています。

注5
1度の命令で多数のデータに対して処理を同時に行う方法

2.当社独自開発のコプロセッサ「PSC」を搭載

 当社独自開発のコプロセッサ「PSC」が専用動作を処理することで全体処理能力の向上と、CPUの演算タスクを分散させることができるため、低消費電力化を実現します。

3.高速で低消費電力なフラッシュメモリ「NANO FLASHTM」を採用

 低消費電力化や読み出し性能が向上した「NANO FLASHTM注6を採用しています。最大動作周波数100MHz動作で、かつ、ランダムアクセスにおいても、Non Wait Access注7を実現しました。これにより、さまざまなアプリケーションにおいてもプロセッサの能力を最大限に発揮し、実行速度の向上とリアルタイム性能が向上します。

注6
NANO FLASHTM は株式会社東芝の商標です
注7
CPUがFlashメモリを1クロックでリードできる手法

4.豊富な周辺機能に対応

 モータ制御に必要なタイマである16ビットタイマは最大24チャネルのPPG出力が可能で、多相出力が必要なステッピングモータやDCモータなどに接続可能です。また、他ICとの通信に必要なシリアルインターフェース類では、最大12チャネルを搭載し、各種センサーとの通信、メインLSIとの通信、非同期通信(UART)など、用途に合った様々な使用方法が可能です。

5.豊富なアナログ機能に対応

 高速変換(1.0マイクロ秒)可能な12ビットA/Dコンバータを3ユニット搭載し、合計20チャネルのアナログ入力端子が使用可能です。これにより、各種センサーから取り込んだアナログ値を高速に処理することが可能です。

新製品のおもな仕様 

品番

TMPM440FEXBG

TMPM440F10XBG

コア

ARM® CortexTM-M4 Core (32bit RISC CPU)

電源電圧

2.7~3.6V

動作周波数

最大100MHz

内蔵ROM/RAM

FLASH ROM 768KB注8

RAM 80KB

FLASH ROM 1024KB

RAM 80KB

内蔵周辺機能

FPU

PSC

外部バスインターフェース 

DMAコントローラ

16bitタイマ

高分解能16bit PPG出力

32bitタイマ コンペア一致出力

32bitタイマ インプットキャプチャ

2相パルスカウンタ

RTC

WDT

SIO/UART(4Byte FIFO)

SIO/UART(32Byte FIFO)

データ可変長SIO

UART

I2C

12bitA/Dコンバータ

10bitD/Aコンバータ

Key on Wake up

Key Matrix Scan

有効I/O

1ユニット

1ユニット

アドレス 24bit、データ 8/16bit幅

3ユニット(合計6チャネル)

20チャネル

4チャネル

8チャネル

4チャネル

3チャネル

1チャネル

1チャネル

3チャネル

3チャネル

3チャネル

2チャネル

1チャネル

3ユニット(合計20入力)

2ユニット(合計2出力)

40入力

8入力×8出力(64要因)

228端子

パッケージ

VFBGA289

(11mm×11mm, 0.5mm pitch)

注8
1KBは1024Bとして計算しています

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先:

ミックスシグナルLSI営業推進担当
TEL : 044(548)2821
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。