Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

米国ショー・グループからのウェスチングハウス社出資持分の取得について

2012年10月10日

 当社は、10月6日に米国大手エンジニアリング会社ショー・グループ(The Shaw Group Inc.:以下、ショー)から、同社の100%子会社であるニュークリア・エナジー・ホールディングスが保有するウェスチングハウス社の全出資持分(同社持株会社株式の20%)を当社に売却することができる権利(以下、プットオプション)の行使に関する通知を受領しました。

 これは、ニュークリア・エナジー・ホールディングスとの契約によりプットオプションが自動行使されたことによるものであり、上記通知受領日から90日後に、当社は、約1250億円で同社が保有するウェスチングハウス社の全出資持分を取得します。今回の買い取りに必要な資金については、手元資金及び借り入れを中心に賄う計画です。

 ウェスチングハウス社は、米国および中国で8基の新型加圧水型原子炉「AP1000®」の建設を進めるとともに、アメリカ、アジア、欧州中近東(EMEA)の3主要地域の事業運営体制を確立し、世界各地での事業拡大に向けた体制基盤を固めるなど、当社による買収後も順調に事業を拡大してきています。今後もグローバル市場での受注拡大を図り、企業価値の更なる向上を目指します。

 ウェスチングハウス社株式については、関心を寄せていただいている企業もあり、当社が過半数を維持することを前提に、事業ビジョンや長期的な事業戦略の共有、同社とのシナジー等を総合的に判断・評価した上で、新たな出資パートナーを迎え入れることを検討しています。これにより、ウェスチングハウス社の事業強化に加え、今回の買い取りに伴う当社の財務負担を軽減することが可能であると考えています。

 なお、ショーとは、これまで米国および中国のプロジェクトにおいてAP1000®の建設に関して協力関係にあり、既に受注している米国および中国の案件については予定通り工事完成に向けて注力していくことで合意しています。

 また、プットオプション行使後の、今後の案件の建設エンジニアリングについては、案件毎に最適なパートナーを選定することを基本方針とします。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。