Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

タブレット向けに不正アプリケーションの導入防止と情報保護機能を開発

2012年11月06日

日本アイ・ビー・エム株式会社

株式会社 東芝

日本アイ・ビー・エム株式会社(社長・マーティン・イェッター、NYSE:IBM、以下 日本IBM)と株式会社東芝(社長・佐々木則夫、TOKYO:6502、以下 東芝)は、東芝の企業向けAndroid™ 搭載タブレット用に、不正アプリケーションの導入を防止する機能と、タブレット内の情報を保護する機能を開発しました。

企業における、モバイル端末の活用が進む中、不正プログラムによる情報漏えいが問題になっています。世界9カ所のIBMセキュリティー・オペレーション・センターで検出したセキュリティー関連事象を分析した報告書「IBM® X-FORCEトレンド&リスク・レポート」では、2011年におけるモバイル端末を狙った攻撃は前年比で19%増加したと記載されています。

開発した新機能は、企業が許可しないアプリケーションをタブレットに導入するのを防止する機能と、導入された不正アプリケーションの起動を禁止し、さらには強制的に消去する機能を備えています。

Android搭載端末では、ウィルス対策ソフトウェア等を含むすべてのアプリケーションがユーザー権限で動作するため、導入されているすべてのアプリケーションを検知できても、それらの起動の禁止や除去はきわめて困難でした。今回開発した新機能は、東芝のシステムセキュリティー技術により機能拡張したAndroidプラットフォームと、IBMの端末管理ソフトウェアを連動させることで、企業内のAndroid端末を一元管理し、個々の端末に対して、企業が許可しないアプリケーションの導入や起動の禁止、消去を実行できるようになります。これにより、不正アプリケーションの導入や起動を防ぎ、端末からの情報漏えいリスクを低減します。

さらに、SDカード、USBおよびBluetooth®の利用を制御し、アプリケーション開発用の通信機能も無効にする機能を開発しました。これにより、外部端末からのプログラムの書き換えを防止し、タブレット内の情報を保護します。

東芝は、2011年からIBMと共同で企業向けモバイルノートパソコンのセキュリティー機能の開発に取り組み、起動制御により盗難や紛失したパソコンからの情報漏えいを防ぐ機能などを搭載した「Toshiba Smart Client Manager(東芝スマートクライアントマネージャー)」を、2012年から米国、欧州、および日本で販売開始しました。

今回、東芝と日本IBMは、協業の第2弾として、企業に求められる高度なセキュリティー機能をモバイルノートパソコンだけでなく、東芝のAndroid搭載タブレットにも拡張することで統合的なモバイル・セキュリティー機能を開発しました。

東芝では、ユーザーが好みや環境に合わせて常に適切なデバイスを選択し、シームレスなサービスを利用できる世界の実現を目指しています。今後、本技術による成果をお客様に製品機能として提供することを検討します。モバイルノートパソコンだけでなく、タブレットにも高度なセキュリティー機能を搭載することで、ビジネスにおける端末選択の多様化を支援します。

 

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、X-FORCEは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。

AndroidはGoogle Inc.の商標または登録商標です

Bluetoothは、その商標権者が所有しており、東芝はライセンスに基づき使用しています。

dynabookは日本国内向け東芝ノートPCの商標です。

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。