Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

半導体事業におけるディスクリート後工程の生産能力の確保について

- 堅調な需要に対応し、一時的にタイの休止工場を再開 -
2012年11月14日

 当社は、ディスクリート製品の生産能力の確保を目的に、昨年のタイ洪水の被害を受け操業を停止していた、タイ パトウンタニ県にある東芝セミコンダクタ・タイ社(以下、TST)の既存工場での一時的な操業を11月初旬から再開し、本日から順次出荷します。

 TSTは、今年4月に洪水被害を受けにくい地域への移転を決定し、現在タイ国内のプラチンブリ県304工業団地で新工場の建設を進めています。一方、今回の既存工場での生産再開の措置は、昨今のスマートフォンやタブレットの普及拡大に伴い、搭載される部品の堅調な需要に対応し、新工場立ち上げまでの期間、実施するもので、既存工場の一部スペースを活用し、新たに高効率な設備を導入して生産を行います。新規設備投資については、保険を適用するため業績への影響はなく、導入した設備は、来春の新工場稼働開始以降、新工場へ移管します。

 なお、TSTで扱う小信号デバイスやフォトカプラに関しては、昨年の洪水被害によるTSTの操業停止を受け、日本国内のグループ拠点、マレーシアの当社現地法人およびアウトソーシングの活用による代替生産を行っていますが、今後も継続することで需要動向に応じた生産能力の維持を図ります。

 当社グループは、今後も、需要に応じた最適な生産体制をタイムリーに構築するとともに、後工程における海外展開を積極的に進め、ディスクリート事業の収益力向上に努めていきます。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。