Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

京浜事業所に最新鋭のグローバルエンジニアリング・製造センターを建設

発電システム事業のグローバルネットワークを強化
2012年11月27日

 

センターのイメージ図
グローバルエンジニアリング・製造センターのイメージ図

 当社は、火力や水力などの発電システム事業の今後の需要増への対応やグローバル競争力強化に向け、中核拠点の京浜事業所(横浜市)に設計、調達、工程管理、エンジニアリングなどの機能を担うグローバルエンジニアリング・製造センターを建設します。稼働は2014年1月の予定です。

 新センターでは、海外の顧客や当社海外拠点とも24時間連携できる最先端のエンジニアリング機能を有し、グローバル展開に向けた高品質なエンジニアリングを提供するとともに、海外拠点、サプライヤとの連携により、グローバルサプライチェーンを強化していきます。また、免震構造の採用や非常用自家発電装置の高床設置等により、万が一の災害時でもエンジニアリング資産を守り、事業の継続性(BCP)を確保できるようにしていきます。

 当社は、BCPや最先端の原子力事業のエンジニアリング機能を有する「磯子エンジニアリングセンター新棟」を横浜市に2009年11月に稼働し、更にスマートコミュニティの中核拠点となる「スマートコミュニティセンター」を川崎市に2013年10月から稼働する予定です。新センターは、これらに府中事業所を加えた国内拠点、インド・中国等で展開する海外製造拠点、及び世界中の海外販売拠点との間でネットワークを構築し、火力、原子力、水力、再生可能エネルギーなど、トータルエネルギー事業のグローバル展開を積極的に推進していきます。

新センターの概要

所 在 地: 神奈川県横浜市鶴見区末広町2-4
建物構造: 鉄骨造5階建(建屋免震構造)
延床面積: 約2万2,388平方メートル
収容人数: 約1500名
工事開始: 2012年12月(予定)
稼  働: 2014年1月(予定)

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。