Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

世界最高変換効率を実現した250Wのモジュールを採用した住宅用太陽光発電システムを発売

2012年12月05日

  

モジュールの写真


 当社は、住宅用太陽電池として世界最高注1となる最大モジュール変換効率20.1%を実現した250Wのモジュールを採用した住宅用太陽光発電システムを12月17日から発売します。

 新製品は、米サンパワー社の世界最高変換を実現した250Wの太陽電池モジュールを採用しています。本モジュールは当社が日本市場において独占契約している製品です。面積あたりの発電量が多いため、設置面積の省スペース化が図れ、同じ面積の屋根に設置した場合、一般的な発電効率の太陽電池モジュールに比べ年間約50%も多く注2の発電量が得られます。

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が太陽光発電の技術開発指針として2009年10月に公表した「太陽光発電ロードマップ(PV2030+)」では、実用モジュールのモジュール変換効率20%の実現時期を2020年としています。今回採用した250Wのモジュールは既にその水準に達した製品です。

 なお、新製品は本日から開催される「PV Japan2012」の東芝ブースで展示されます。

 本年7月から再生可能エネルギーの普及・拡大を目的に「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が始まり、国内市場では住宅用太陽光のニーズが一層高まっています。そこで、当社は今後も積極的に住宅用太陽光発電システムの開発及び拡販を図り、2015年度に国内シェア15%を目指します。

注1
2012年12月5日現在、当社調べ。
注2
日本国内において流通している代表的な住宅用多結晶太陽電池モジュールの平均効率を用い、算出したシュミレーション値です。(2012年12月5日現在、当社調べ)

新製品の主な仕様

型式

SPR-250NE-WHT-J

希望小売価格

191,625円(税込)

セル種類

シリコン単結晶系

最大モジュール変換効率

20.1%

公称最大出力

250W

公称最大出力動作電圧

40.5V

公称最大出力動作電流 

6.17A

公称開放電圧

48.8V

公称短絡電流

6.56A

最大システム電圧

600V

外形寸法(W×H×D)

1559×798×46mm

質量

15.0kg

設置イメージ図

設置イメージ図

 

新システムについてのお客様からのお問い合わせ先:

東芝住宅用太陽光発電システム ご相談センター
個人のお客様 : 0120(402)743
(携帯・PHS・IP電話からで上記電話番号に接続できない場合)
03(5352)7657
 
販売店・施工店などのお客様 : 03(5352)7623
受付時間 9:00~17:00(祝日、年末年始を除く)
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。