Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

照明用の白色LEDの発売について

200mmシリコンウェハー上に形成したLED素子を採用
2012年12月14日

 

白色LEDの写真

 当社は、LED照明に使用される白色LEDを製品化し、今月下旬から量産を開始します。

 新製品は、200mmシリコンウェハー上にガリウムナイトライドを結晶成長させる「GaN-on-Si」LED素子を採用しました。この「GaN-on-Si」LED素子は、当社と米・ブリッジラックス社が共同開発した素子で、現在一般的に使用されるサファイアウェハーで形成したLED素子に比べ価格競争力があります。

 近年、白色LEDは低消費電力、長寿命という特性により照明や液晶テレビのバックライト向けなど、様々な用途での使用が拡大しており、白色LEDの市場規模は2011年度の7,000億円から2016年度には1兆2500億円になると予測されています。注1

 当社は、白色LEDの製品開発と拡販活動を進め、2016年度には10%の市場シェアを目指します。

注1 当社調べ。

新製品の概要

品 種

TL1F1シリーズ (1W)

サイズ

6.4×5.0×1.35mm

標準光出力

112lm(350mA駆動時)

量産開始

2012年12月下旬

量産規模

月産1000万個(予定)

新製品に関するお問い合わせ先:

オプトデバイス営業推進部 
TEL : 03(3457)3431
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。