Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

米国のデマンドレスポンス関連会社の買収について

米国でのスマートグリッド、スマートコミュニティ事業の展開を加速
2013年02月07日

 当社は、デマンドレスポンス(需要応答、以下DR)向けソフトウェア開発及び関連機器・サービスの提供を行う会社である米国コンサート社(Consert Inc.)を買収し、当社100%子会社化しました。

 コンサート社は、電力会社向けにDRシステムを提供する会社です。電力会社は、同社のシステムを活用することで、消費者の快適さを損ねずに家庭内の電力消費の高い空調や温水ヒーターといった機器の遠隔制御を行い、ピーク時の負荷抑制を実現することが可能となります。

 米国では、電力供給の安定化のため、スマートメーターの普及と共に、ピークカットやピークシフトを実現するためにDRなどの最適な電力管理技術が求められています。そのような中で、同社は、すでに米国でのDRシステムの採用実績を有します。さらに北米10ケ所でのDRに関するパイロット・プロジェクトも実施しており、今後は、全米での展開を計画しています。

 当社は、米国ではグループ会社であるランディス・ギア社を通じてスマートメーター事業を展開しており、スマートメーターに加え、通信からメーターデータ管理ソフトを含めたAMIとしてのソリューションの提供を行っています。今回のコンサート社買収により、当社の強みである配電自動化、グリッド監視制御システム(μEMS)、蓄電池(SCiBTM)などを含むスマートグリッド事業にDRソリューションを加えることで、電力の安定運用を図るためのソリューションをワンストップで提供することが可能となります。これにより、電力会社が目指す地域電力安定供給と、家庭内の快適性維持と節電の両立に貢献し、米国での事業拡大を図ります。

 当社グループは、今後もグローバルにスマートグリッドをはじめ、街全体の水、ガス、交通、医療などの社会インフラの最適化を目的としたスマートコミュニティ事業の展開を加速し、2015年度に同事業の売上高9,000億円を目指します。

注 Advanced Metering Infrastructure:スマートメーター総合管理システム

コンサート社の概要

創業:2008年
代表者:社長 ジャック・ロバーツ(Jack Roberts)
本社所在地:米国 テキサス州 サンアントニオ
事業内容:DR向けソフトウェア開発及び関連機器・サービスの提供(ゲートウェイや通信用モジュール
              などネットワーク関連機器、需要家向けソフトウェア、電力会社向けソフトウェアの開発及
              びサービスの提供など)
売上高:2012年9月期 実績 売上 10百万米ドル
従業員数:約80名

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。