Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

汎用向け画像認識プロセッサLSIの製品化について

― 車載向けのほか、監視カメラの画像処理など用途を拡大 ―
2013年02月28日

 

汎用向け画像認識プロセッサLSI「Visconti(TM)3(TMPV7528XBG)」


 当社は、車載向けをはじめ、監視カメラなどの幅広い用途にも適用可能な画像認識プロセッサLSI新製品として、単精度・倍精度浮動小数点演算ユニット(FPU: Floating Point Unit)付き英ARM社 CortexTM-A9 MPCoreTM (2コア) 注1を搭載した「ViscontiTM3(TMPV7528XBG)」を製品化し、2013年4月からサンプル出荷を開始します。 

 新製品は、新たに英ARM社CortexTM-A9 MPCoreTM (2コア) 注2を搭載することで、機器側のソフトウェア開発を容易にしたほか、単精度・倍精度浮動小数点演算ユニットによる画像処理性能の向上を図りました。これにより、カメラからの入力映像を処理し、自車周辺の車線境界線や、車両、歩行者、標識など複数の認識対象を同時に検知する、車載向け「ViscontiTM」としての従来用途に加えて、カーナビゲーションや車載通信システムと融合させることで、撮影映像をクラウド上の情報とリンクさせるなど、新たな用途に活用できます。

 また、車載向け以外の用途として、監視カメラシステムに組み込むことで、撮影映像をスマートフォンで共有したり、人物認証システムやデジタルサイネージのシステムに適用するなど、幅広い用途への適用が可能です。

 当社は、本製品を「ViscontiTM3」の第一弾製品とし、今後も画像認識プロセッサLSIのラインアップを強化することで、車載市場に加え産業市場においても事業拡大を図り、2015年度で「ViscontiTM」シリーズ全体で年間200万個以上の販売を目指します。

注1 ViscontiTMは株式会社東芝の商標です。
注2 CortexTM、MPCoreTMはARM Limitedの商標です。

 

新製品の概要 

品番

サンプル価格

(税込)

サンプル出荷時期

量産開始時期

量産規模

TMPV7528XBG

8,000円

2013年4月

2014年1月

10万個/年

製品化の背景

 先進運転支援システムやセキュリティシステム等の急速な普及に伴い、画像認識プロセッサ市場は2015年度までに2010年度の1.5~2倍にあたる750~1000億円に拡大すると見込まれています。注3 特に車載向けでは、Euro NCAP(European New Car Assessment Programme)の安全性能試験項目について、2014年には自動車を対象として、2016年には歩行者を対象として緊急回避ブレーキ(AEB: Autonomous Emergency Braking)が追加されるなど、今後、画像認識プロセッサ市場のさらなる拡大が見込まれます。このような背景のもと、当社は、従来から展開している車載向け画像認識プロセッサ「ViscontiTM」の新シリーズとして、車載用途以外にも適用可能な「ViscontiTM3」を展開することで、シェア拡大を図ります。

注3 当社調べ。 

 新製品の主な特長

1.英ARM社 CortexTM-A9 MPCoreTMを搭載

 英ARM社CortexTM-A9 MPCoreTMを搭載することで、カーナビゲーション、スマートフォン、クラウドなどとの接続性・融合性が高まり、機器側でのソフトウェア開発にあたり、組み込み実装が容易になります。

2.単精度・倍精度浮動小数演算ユニットを搭載

 パソコンベースで開発された画像認識のソフトウェア・アルゴリズムは、組み込み機器への実装の際に、整数化あるいは固定小数点化して並列演算をする必要がありましたが、単精度・倍精度浮動小数点演算ユニット付きのCortexTM-A9 MPCoreTMの搭載により、浮動小数点での演算を可能にし、さらなる画像処理ソフトウェア開発効率の向上に寄与します。

新製品の主な仕様

品番

TMPV7528XBG

CPUコア

英ARM社 32ビットRISC CortexTM-A9 MPCoreTM

 (2コア,単精度・倍精度浮動小数点演算ユニット付き)

東芝オリジナル 32ビットRISC

Media embedded Processor (MeP)× 1コア

画像認識エンジン

東芝オリジナル マルチコア メディアプロセッシング エンジン

Media Processing Engine(MPE)× 4コア

画像処理

アクセラレータ

アフィン変換

1 ch.

フィルタ

2 ch.

ヒストグラム

1 ch.

輝度勾配方向

ヒストグラム

1 ch. (HOG/CoHOG特徴量)

マッチング

1 ch.

内蔵メモリ

マスクROM:64キロバイト

SRAM: 2080キロバイト

内蔵周辺機能

ビデオ入力

インタフェース

4 ch.

ビデオ出力

インタフェース

1 ch.

メインメモリ

コントローラ

DDR2-533 SDRAMコントーラ

NOR Flash/SRAMコントローラ

PCI Express

1 lane

CAN

コントローラ

3 ch.

I2C

インタフェース

4 ch.

UART

インタフェース

5 ch.

SPI

インタフェース

4 ch.

PCM

インタフェース

2 ch.

タイマ/カウンタ

11 ch.

電源電圧

コア: 1.1V、I/O: 3.3V及び1.8V

動作周波数

最大 300MHz(ARM CortexTM-A9 MPCoreTM) /

266MHz(MePおよびMPE)

動作温度範囲

Ta = -40 ~ 85 ℃、Tj = -40 ~ 125 ℃

パッケージ

PBGA 516ピン、27mm×27mm、1.0mmボールピッチ

本製品についてのお客様からのお問い合わせ先:

セミコンダクター&ストレージ社
  車載営業推進部
TEL : 03(3457)3428
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。