Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

監視カメラ向けフルハイビジョンCMOSイメージセンサの発売について

暗い場所でも、明るい場所でも色鮮やかに撮影可能
2013年03月07日
CMOSイメージセンサの写真

 当社は、今後成長が見込まれる監視カメラ向けに、暗い場所でも明るい場所でも色鮮やかでなめらかな映像を撮影できるフルハイビジョンのCMOSイメージセンサ「TCM5117PL」を製品化し、3月下旬からサンプル出荷を開始します。

 新製品は、当社独自のCNR(Color Noise Reduction)回路注1を搭載し、低照度時に視認性を悪化させる色ノイズを補正することで、暗い場所でも色彩感豊かに映し出すことができます。注2 また、当社独自のHDR(High Dynamic Range)撮影機能注3を採用することで、明るい場所でも白飛びしない鮮明な映像を撮影することができます。

 新製品のHDR撮影機能は、シングルフレーム方式を採用し高速フレームレート(1秒当り60フレーム表示)処理が可能なため、フルハイビジョンの動画を滑らかに表現することができます。注4また、当社独自の高信頼性プロセスを採用することにより、10年連続・24時間稼働が可能です。注5

 なお、本製品は長時間稼働に加え、高画質かつ高速で物体認識ができるため、車に搭載する先進運転支援システム向けのカメラにも適用できます。

 監視カメラ市場は、防犯意識の高まりとネットワークインフラの発達を背景に、従来のCCDアナログタイプからCMOSデジタルタイプへの移行が急速に進んでいます。また、監視カメラは従来の防犯目的のモニタリング用途に加え、車番認証、人物追尾、物流管理、マーケティング等の認知・判断用途へと幅広い用途に展開されると期待されています。

 監視・車載カメラ向けCMOSイメージセンサ市場は2014年度に現在の約2倍に成長注6すると予測されており、当社は今後も市場ニーズにマッチした新製品を開発・販売することで事業を強化していきます。

注1
Color Noise Reductionの略。低照度時の色ノイズを抑制する技術。
注2
0.5lux相当。
注3
High Dynamic Rangeの略で、明暗コントラスト比のこと。
注4
ダイナミックレンジ100dB相当(当社計算方法による)。
注5
使用の環境により、稼働時間が変動する場合があります。
注6
当社調べ。

新製品の概要 

品  番

サンプル価格(税込)

サンプル出荷時期

量産規模

TCM5117PL

3,000円

2013年3月

月産20万個

新製品のおもな特長 

1.CNR機能(Color Noise Reduction)

 一般的に低照度撮影においては、視認性を悪化させる色ノイズが悪化する傾向にあります。CNR機能は、フレーム間の画像を比較し、色ノイズをデジタルフィルタ回路によって抑制し、解像感を損ねることなく色ノイズを抑える技術で注7、監視カメラに要求される低照度撮影においても、豊かな色彩表現を可能にします。

注7
SNR低下を約3dB以上補正する。

2.HDR撮影機能(High Dynamic Range)

 当社のHDR撮影機能は、静止したシーンのみならず、動画での明暗コントラスト比の大きい被写体でも、100dB相当注8の階調の広い画像を映し出すことができます。注9

 HDR撮影機能は、明暗コントラスト比が高い被写体において、明暗諧調を広げて被写体を自然に映し出す機能で、当社はライン毎に短時間露光と長時間露光を同時に撮影し合成を行う2重ライン露光を用いたシングルフレーム方式を採用しています。 HDR撮影時にフレーム毎に短・長露光を繰り返すマルチフレーム方式では、現在30フレーム/秒程度が上限といわれていますが、当社のシングルフレーム方式では、ライン毎に露光を行うため60フレーム/秒の高速動画撮影をすることが可能です。また、マルチフレーム方式では、動画撮影時のフレーム間に画像の違いが出てしまうことがあり、これが合成後の映像では偽色を発生させる原因となっていました。それに対し当社のシングルフレーム方式では、ライン毎に露光するため、偽色の原因となる画像差が発生し難いことから、鮮明なHDR動画撮影を可能にしています。

注8
当社計算方法による。
注9
本製品はCISタイプのセンサですので、本センサ内でHDR圧縮した信号を、後段のISPまたはDSP等と連動させて処理していただく必要があります。 

新製品のおもな仕様 

品番

TCM5117PL

センサタイプ

CISタイプ

光学サイズ

1/3インチ

画素サイズ

2.7 µm × 2.7 µm

出力画素数

1963 (H) × 1096 (V)

データフォーマット

RAW10、RAW12

出力形式

CSI-2, S-LVDS, Parallel

最大フレームレート

60 fps @full HD(1080P)output (CSI-2, S-LVDS)

ダイナミックレンジ

HDR撮影機能搭載 100dB (当社計算方法による)

電源

3.3±0.3Vの単一電源対応:

アナログ = 3.3±0.3V
デジタル = 3.3±0.3V 又は1.5±0.1Vも可
I/O = 3.3
±0.3V 又は1.8±0.1Vも可

パッケージ

タイプ: P-FLGA80

サイズ: 10.5 ×10.0 mm

新製品の紹介ウェブページ

http://www.semicon.toshiba.co.jp/product/sensor/selection/topic/1268411_1386.html

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先:

イメージセンサ営業推進担当
TEL : 044(548)2825
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。