Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

太陽光発電事業の展開について

2013年度内に6.5MW供給で、再生可能エネルギーの普及に貢献
2013年03月28日

 当社は、当社が保有する太陽光発電に関する技術・システムを用いて、太陽光発電事業に参入します。当社グループ会社でコージェネレーションシステムにより発電事業を展開してきた株式会社シグマパワー土浦を「株式会社 シグマパワー太陽光」に改称し、同社を事業運営会社として、4月1日から太陽光発電事業を展開します。

 シグマパワー太陽光では、東芝横浜事業所(神奈川県横浜市)内に、発電出力1.5MWのメガソーラー発電設備を設置しており、4月1日から事業を開始します。高効率のパワーコンディショナなど、当社グループの持つ太陽光発電技術により発電効率の最大化を目指しており、年間の推定発電電力量は約200万kWhで、一般家庭約550世帯分の年間使用電力量に相当します。また同社は、東芝キヤリア株式会社掛川事業所(静岡県菊川市)、東芝姫路工場(兵庫県姫路市)、東芝姫路半導体工場(兵庫県揖保郡太子町)に、発電出力1.5~2MWクラスのメガソーラー発電設備の設置を計画しており、2013年度内に合計6.5MWの電力供給を行ないます。さらに、今年10月に川崎に開設予定のスマートコミュニティセンターや、当社府中事業所(東京都府中市)にも太陽光発電システムを設置し、発電能力の拡大を図る計画です。

 当社は、太陽光発電事業以外にも、当社技術を活用した、風力発電、地熱発電、小水力発電などの再生可能エネルギーによる発電事業の拡大についても今後検討していきます。

事業参入の背景と狙い

 東日本大震災以降、国内における原子力発電所が停止し、エネルギー不足が懸念される中、再生可能エネルギーの普及・促進が図られており、昨年7月には「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」による「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」における買取価格、買取期間が決定しました。当社は、これまで火力発電、原子力発電、さらには再生可能エネルギーとして、水力発電、地熱発電、太陽光発電、風力発電などの発電プラントに機器を供給し、エネルギーのベストミックスに貢献してまいりました。今後は、当社の技術を活用して発電事業を通じて再生可能エネルギーの普及に貢献するとともに、発電会社の運営を通して得た知見を当社の技術開発にフィードバックしていくことで、発電機器事業の更なる拡大を図っていきます。

シグマパワー太陽光の概要

会社名:株式会社 シグマパワー太陽光(現シグマパワー土浦を改称)
資本金:9900万円
所在地:東京都港区芝浦一丁目1番1号
代表者:小平 政宣
事業内容:太陽光発電による電気供給業

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。