Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

東南アジアにおける社会インフラ事業の強化について

-タイに新会社を設立し、社会インフラ事業を地域に密着して積極展開-
2013年04月10日

  当社は、東南アジアにおける社会インフラ事業をさらに加速するため、タイ、ラオス、カンボジアの社会インフラ事業を統括し、複数事業に跨る案件やスマートコミュニティ向けの受注活動も行う新会社「東芝アジア・パシフィック・タイ社」をタイに設立し、営業活動を開始しました。

  今後、東南アジアでは、社会インフラを整備する事業が多く計画されており、ASEAN諸国では、政府により発電や送電などのエネルギー分野や道路、鉄道などの輸送分野などへ2010年から2020年までに約150兆円の投資が行われる計画です。今後も高い経済成長率や急激な人口増加を背景として、東南アジアにおける社会インフラに関連するシステムや機器に対する需要は、着実に増加すると見込まれています。

  このような背景の中、「東芝アジア・パシフィック・タイ社」は、タイ・ラオス・カンボジアにおける当社の社会インフラ事業の営業拠点として、火力・水力発電事業、送変電事業、交通システム事業、モータ・インバータ事業などを担当し、地域に密着した事業活動を展開することで市場への進出を加速します。さらに、複数事業に跨る大型案件やスマートコミュニティ向けの受注に対応するための体制を整備していきます。

  今後も、当社は東南アジア地域における社会インフラ事業の積極展開を進めていきます。

 

新会社の概要 

1.社名    : 東芝アジア・パシフィック・タイ社(Toshiba Asia Pacific (Thailand) Co., Ltd.)
2.代表者  : 澤田 弘之
3.資本金  : 600万タイバーツ(約1680万円)
4.設立    : 2013年4月1日
5.所在地  : タイ バンコク市
6.従業員数 : 13名
7.事業内容 : 発電事業、送変電事業、交通システム事業、モータ・インバータ事業、
                     スマートコミュニティ事業ほか社会インフラシステム事業全般

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。