Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

経済産業省からマンションなどの集合住宅向けMEMS事業者として採択

2013年04月26日

 当社は、経済産業省が今年3月に公募した「平成24年度スマートマンション導入加速化推進事業費補助金(MEMS)」において、本日、マンションなどの集合住宅に対してMEMS注1を導入し、エネルギー管理支援サービスなどを行うMEMS事業者(MEMSアグリゲータ)として採択されました。

 今回の採択を機に、当社は、MEMSの導入を検討しているマンションデベロッパーなどの事業者に対して補助金受給に関するサポートを行います。マンションデベロッパーなどは、当社のMEMS導入時に制御・計測機器購入額および工事費用について、それぞれ3分の1以内の補助を受けることができます。

 今回、経済産業省が公募した事業は、エネルギー管理システムを導入し、エネルギー使用の効率化及び電力需要の抑制による無理のない節電を図るマンションなどの集合住宅の普及を目指すものです。当社は、MEMSによる空調の定格出力制御や照明の点灯パターン制御、MEMSとHEMS注2の連動による節電効果向上、クラウドなどによる集中管理などにより、対象となるマンションなどの集合住宅の10%以上の節電(総量)を目指します。

 当社は、「平成23年度エネルギー管理システム導入促進事業(BEMS注3導入事業)」において、中小規模ビル向け事業者(BEMSアグリゲータ)にも採択されています。また、MEMSに関しては、経済産業省の次世代エネルギー・社会システム実証事業「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」において、三井不動産レジデンシャル株式会社の「パークホームズ大倉山」向けに納入実績があります。今後も、当社は大規模ビル向け、中小規模ビル向け、マンションなどの集合住宅向けのエネルギー管理システムに総合的に対応し、スマートコミュニティの実現に貢献していきます。

注1
MEMS(Mansion Energy Management System)
注2
HEMS(Home Energy Management System)
注3
BEMS(Building Energy Management System)
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。