Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

4K対応液晶テレビ「レグザ Z8Xシリーズ」の発売について

84V型、65V型、58V型の3サイズで4K時代の大画面・高画質を実現
2013年05月28日

 

 


 当社は、デジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)」の新商品として、新開発の映像処理エンジンとフルHDの4倍の画素(3,840×2,160)を持つ高精細大画面4Kパネルで構成される、当社独自の高画質映像処理システム「シネマ4Kシステム」を搭載し、大画面で4K高画質を楽しめる「レグザZ8Xシリーズ」を6月下旬から順次発売します。

 新商品は、大画面テレビの高画質化を追求し、新開発の「レグザエンジンCEVO 4K」を搭載しています。これにより、きめ細かい質感を復元する「微細テクスチャー復元」、映像の光沢成分を制御して輝き感のある映像を再現する「輝き復元」、映像のエリアごとに画素単位で最適な超解像処理を行うことで精細感を向上させる「絵柄解析 再構成型超解像技術」など、新たな「4K超解像技術」による高画質化を実現しました。映画などのブルーレイソフト注1やデジタル放送など、さまざまなコンテンツをより高精細な4K高画質で視聴できます。

 録画機能では、地デジ放送の中から最大6チャンネル約80時間分をまるごと録画し、さかのぼって視聴することができる「タイムシフトマシン」注2を搭載しています。「タイムシフトマシン」で録画された番組の中から、「今見ている番組に関連する番組」や「いつも見ている番組」など、ユーザーの好みに合わせて番組を薦める「ざんまいプレイ」、クラウド上の番組情報を利用して、録画番組を場面ごとに区切った「シーンリスト」を画面上に表示し、録画番組をシーン単位で便利に視聴できる「みどころシーン再生」などができるレグザクラウドサービス「TimeOn(タイムオン)」注3などで、録画番組を効率よく視聴できます。

 また、日本の新しい放送・通信連携サービス「ハイブリッドキャスト」に業界で初めて対応注4しています。NHKは2013年中にハイブリッドキャストサービスの試行開始を予定しており、放送を今まで以上に快適に楽しめます。

 音質面では、左右2基ずつ計4基のスピーカーボックスを配置したバスレフ型スピーカーユニットと総合出力40W注5のパワーでパワフルに駆動する専用アンプを搭載しました。当社独自開発の高品位音声補正技術「レグザ サウンド イコライザー」との相乗効果で、量感のある低音とクリアで透明度の高い音質を実現しました。また、スピーカーを画面下に配置することで、スリムベゼルを採用したテレビ本体のデザイン性の高さと高音質を同時に実現しています。

注1
Blu-ray DiscTM(ブルーレイディスク)、Blu-rayTM(ブルーレイ)はブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
注2
純正タイムシフトマシン対応USBハードディスク「THD-450T1」(別売)を接続した場合。接続確認済のタイムシフトマシン対応USBハードディスクについては、ホームページ(http://www.toshiba.co.jp/regza/)をご覧ください。タイムシフトマシン機能のシステムメンテナンス用に設定した時間は録画が一時中断されます。
注3
ご利用にはインターネットへの接続環境が必要です。表示されるシーンリストは、各番組情報等を当社独自の方法で解析した結果に基づき表示されます。番組制作者または提供者の指定に基づくものではありません。注意事項について、くわしくは当社ホームページ(http://timeon.c.hdex.jp/)をご覧ください 。 
注4
2013年5月28日現在、民生用テレビとして。当社調べ。NHKが2013年に開始を予定しているハイブリッドキャストの、当初のサービスに対応しています。ハイブリッドキャストサービスの開始に合わせて、放送電波やサーバーダウンロードによる本体のバージョンアップを実施します。今後、同サービスの仕様の追加や変更によっては対応できない場合があります。
注5
58V型は20W(左+右 10W+10W)、スピーカーボックスは左右1基ずつ計2基。

 新商品の概要 

商品名

形名

画面

サイズ

主な機能

価格

発売日

 

 

タイムシフト

マシン対応

4K大画面レグザ

 

84Z8X

 

84V型

・タイムシフトマシン

・ざんまいプレイ

・レグザクラウドサービス

 「TimeOn」対応

・地デジ見ながらW録

・NHKハイブリッド

 キャスト対応

希望小売価格

168万円(税込)

 

 

6月

下旬

65Z8X

65V型

 

オープン価格

58Z8X

58V型

商品名

形名

動作

対応

テレビ

容量注6

価格

発売日

タイムシフト

マシン対応

USBハード

ディスク(別売)

THD-450T1

Z8X/Z7

シリーズ

合計4.5TB

タイムシフトマシン:4.0TB、

通常録画:500GB

オープン

価格

6月

下旬

注6
1TB=1,000GB 1GB=10億バイトで算出。

 本商品の発売に合わせて、以下のプレゼントキャンペーンを実施します。

1.本商品の発売開始から9月25日までに「Z8Xシリーズ(84Z8X、65Z8X、58Z8X)」をキャンペーン協力販売店で購入された方に、当社純正のタイムシフトマシン対応USBハードディスク「THD-450T1」注7(4.5TB)をプレゼントするキャンペーンを実施します。キャンペーンの詳細につきましては、レグザホームページ(http://www.toshiba.co.jp/regza/campaign/time_usb/index_j.html)に掲載します。

2.本商品の発売開始から9月25日までに「Z8Xシリーズ(84Z8X、65Z8X、58Z8X)」を購入された方全員に、パラマウント・ピクチャーズ社のブルーレイソフト50作品の中から、お好きな3本をプレゼントするキャンペーンを実施します。キャンペーンの詳細につきましては、レグザホームページ(http://www.toshiba.co.jp/regza/campaign/paramount/index_j.html)に掲載します。

注7
「65Z8X」、「58Z8X」では背面に設置した場合は、テレビを壁に取り付けることはできません。「84Z8X」は、背面設置した際にも壁への取り付けが可能です。「84Z8X」に取り付ける際は、「84Z8X」に 同梱のアダプターとUSBケーブルをご使用ください。「65Z8X」に取り付ける際は、「65Z8X」に同 梱のUSBケーブルをご使用ください。

 商品化の背景と狙い 

 当社はこれまで、テレビの高画質化を追求し、2011年12月に世界で初めて4K対応テレビを商品化しました。今回、さらなるテレビの大画面・高画質ニーズに対応するため、4Kモデルの大画面ラインアップを拡充し、大画面市場での当社シェア拡大を図ります。

新商品の主な特長 

1.「シネマ4Kシステム」による高画質

2.新たなテレビの視聴スタイルを実現する「タイムシフトマシン」、「ざんまいプレイ」、レグザクラウドサービス「TimeOn」

3.「ハイブリッドキャスト」対応

4.高音質機能

5.省スペース設計「スリムミニマルデザイン」

6.多彩な録画・ネットワーク機能

7.環境への配慮  

添付資料

 

本商品についてのお客様からのお問い合わせ先:

●東芝テレビご相談センター
一般電話用フリーダイヤル : 0120(97)9674
   *フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
携帯電話用ダイヤル     : 0570(05)5100
   *携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
商品情報掲載ホームページ : http://www.toshiba.co.jp/regza/

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。