Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

佐賀市「清掃工場バイオマスエネルギー利活用促進事業」への参画について

清掃工場向けに二酸化炭素分離回収活用システムを納入
2013年06月11日

 当社は、佐賀市が今年度から進める「清掃工場バイオマスエネルギー利活用促進事業」に参画し、同市清掃工場に二酸化炭素分離回収活用システム(Carbon dioxide Capture and Utilization、以下CCU)の実証試験設備を納入します。清掃工場での化学吸収法によるCCUの実証試験は国内では初めてです。

 同事業は、佐賀市清掃工場のゴミ処理過程において発生する排ガスから二酸化炭素を回収し、回収した二酸化炭素を農産物の栽培や藻類の培養等において有効利活用するシステムの構築を目指すものです。これにより、二酸化炭素の大気中への排出削減を図り、地球温暖化対策に寄与するとともに、二酸化炭素を活用する企業が施設の立地を図ることにより地域の活性化に資することを目的としています。今回の促進事業では、佐賀市が取りまとめを行い、当社のほか、荏原環境プラント株式会社、九州電力株式会社、一般財団法人佐賀県環境科学検査協会が参画し、2014年度までに二酸化炭素回収実験及び、回収した二酸化炭素の利活用方法の調査を行う予定です。

 この実証試験の中で、当社は、処理能力が20kg/日規模のCCU実験プラントを設計、設置し、二酸化炭素の試験回収を行います。当社は2009年に福岡県大牟田市に10t/日規模のCCS(Carbon dioxide Capture and Storage)実験プラントを建設し、二酸化炭素分離回収の実証試験を行ってきましたが、そこで得た知見、ノウハウを生かし、小規模の実証プラントを納入します。既に実験プラントの設計を行っており、9月までに現地に据え付け、10月からの実験開始を目指します。

 佐賀市では、実証試験と合わせ事業性の評価を行い、回収した二酸化炭素を藻類の培養や農作物栽培での活用を検討しています。当社では今回の実証試験を通して、「ゴミ焼却排ガスからの二酸化炭素分離回収」に関する技術的課題や経済性について検証し、佐賀市に対して商用機の提案を進めていくとともに、CCSの用途拡大を図っていきます。

今回の研究概要

1.研究期間:2013年4月~2014年度末
2.内  容:
 ・有害物質を含まない純度の高い二酸化炭素の回収技術についての調査研究
 ・清掃工場における回収コストの評価
 ・回収した二酸化炭素の利活用方法の調査研究
3.研究体制:
 ・全体取りまとめ:佐賀市
 ・二酸化炭素の回収実験:東芝、荏原環境プラント
 ・清掃工場におけるエネルギーの高度利用:荏原環境プラント、九州電力
 ・成分分析等:佐賀県環境科学検査協会

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。