Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

ラオス・ナムオウ第5水力発電所向け水車発電機を受注

2013年06月13日

 当社グループ会社の東芝水電設備(杭州)有限公司(中国・浙江省。以下、「東芝水電」)は、ラオスのナムオウ川流域に建設されるナムオウ第5水力発電所向け8万キロワット水車発電機3台を中国の中水電海外投資有限公司から受注しました。今後、東芝水電での設計・製造を経て、2014年1月から順次出荷し、2015年末の運開を予定しています。

 今回、東芝水電のこれまでの納入実績、当社グループの高い技術力や機器の信頼性などが評価され、受注に至りました。当社グループとしてラオスに水力発電機器を納めるのは、ナムグム第2水力発電所、ナムニアップ第2水力発電所に続き、3件目となります。

 ラオスは、「東南アジアのバッテリー」とも呼ばれ、タイやベトナムなどの周辺国に電力供給を行っています。メコン川をはじめとした大規模河川が多く、豊富な水資源を背景として、同国の全発電設備容量約280万kWのほとんどを水力発電が占めています。さらに2020年までには、1,200万kWまで発電設備容量を増強する計画があり、今後も、水力発電市場の拡大が見込まれます。

 当社は、今年4月に東南アジアにおける社会インフラ事業の加速のため、タイに東芝アジア・パシフィック・タイ社を設立し、タイ、ラオス、カンボジアでの営業活動を強化しています。今後も、東芝アジア・パシフィック・タイ社を活用し、水力発電の需要が見込める同地域での受注拡大に向けた取り組みを強化していきます。

注:ラオス電力公社公表データ

受注概要 

1.発電所名:ナムオウ第5水力発電所
2.事業者:ラオスナムオウ流域水電開発有限会社
       (中水電海外投資有限公司とラオス電力公社が合同で出資する有限会社)
3.所在地:ラオス・ルアンパバーン県
4.納入設備:8万kWクラス水車及び発電機 3セット

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。