Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

NAND型フラッシュメモリ搭載HDD「ハイブリッドドライブ」の新製品の発売について

厚さ約7mmの薄型モデルをラインアップ
2013年06月20日
ハイブリッドドライブの写真

 当社は、NAND型フラッシュメモリを搭載したHDD 「ハイブリッドドライブ」注1の新製品として、厚さ約7mmの薄型モデルで500GB注2の「MQ01ABF050H」と320GBの「MQ01ABF032H」を製品化し、6月28日からサンプル出荷を開始します。

 「ハイブリッドドライブ」は、NAND型フラッシュメモリを搭載したHDDです。大容量の記録が可能な高面記録密度の磁気ディスクに加え、NAND型フラッシュメモリをキャッシュメモリとして使用することで、大容量と高速性を両立した製品です。

 新製品は、磁気ディスク枚数を1枚にすることで厚さ約7mmの薄さを実現し、軽量薄型筐体のノートPCなどへの搭載が可能となります。また、最先端のキャッシングのアルゴリズムを採用することで、書き込みや読み出しなどの性能を従来型のHDD注3に比べ約4倍高速化しました注4

 当社は、最先端の微細化技術を持つNAND型フラッシュメモリと、クラウドサービスの進展に伴い高速化・大容量化を続けるSSD、HDDの事業を手掛ける世界唯一注5のメーカーとして、今後も顧客ニーズに応えるストレージ製品を積極的に展開していきます。

注1
当社では、NAND型フラッシュメモリをキャッシュとして搭載したハードディスク装置を、ハイブリッドドライブと呼称します。当社も所属しているHDD業界団体、ストレージプロダクツアソシエーション (SPA) は、2013年5月に、このような  タイプのハードディスク装置を一般名称として「ソリッドステートハイブリッドドライブ (SSHD) と呼ぶ」という決議を行ないました。
注2
1GB (ギガバイト)は1,000,000,000バイトとして計算しています。
注3
当社の従来型のHDD「MQ01ABDシリーズ」との比較。
注4
2013年6月20日現在、当社調べ。性能評価ベンチマークツール PCMarkTM Vantage を使用してPC搭載状態でストレージデバイスの性能を測定したオーバオールスコアで、従来型HDDの約4倍である約20,000を記録しました。従来型HDDのスコアを約5,000として比較しています。PCMarkTM VantageのHDDサブスコアとしてのオーバオールスコアは、ストレージデバイスの性能を総合的に数値化したものです。PCMarkTM はFuturemark社の商標です。
注5
2013年6月20日現在、当社調べ。

新製品の概要 

型 名

記憶容量

ディスク枚数

外形寸法

特長

MQ01ABF050H

500GB

1枚

(W)69.85mm

(D)100.0mm

(H)  7.0mm

NAND型フラッシュメモリをキャッシュメモリとして搭載

MQ01ABF032H

320GB

製品化の背景と狙い

 ノートPCやデスクトップPC向けのストレージデバイスは、書き込み・読み出し速度などの性能向上が求められています。また、ノートPCを中心に筐体の軽量薄型への要求が高まっています。そこで、今回当社は大容量と高性能を両立するハイブリッドドライブの薄型モデルを製品化しました。

新製品の主な特長 

1.NAND型フラッシュメモリを搭載

 SLCタイプのNAND型フラッシュメモリをキャッシュメモリとして搭載しています。データの書き込みでは自己学習型のキャッシングアルゴリズムを採用し、高い頻度で要求されるデータをNAND型フラッシュメモリに優先的に保持することで、高速性を実現しています。PC搭載状態で、性能評価ベンチマークツールPCMarkTM Vantage オーバオールスコアで約20,000を記録し、UltrabookTM 注6のストレージデバイスに対するパフォーマンス要求仕様を上回っています。

注6
UltrabookTM は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標または登録商標です。

2.Serial ATA Revision 3.0 (ATA-8) に準拠

 Serial ATA Revision 3.0 (ATA-8) に準拠し、インターフェース転送速度は6.0Gbit/s注7を実現しています。インターフェース転送速度が3.0Gbit/s、あるいは1.5Gbit/sであるホストシステムに接続する場合は、ホスト側の仕様に対応した転送速度で動作します。

注7
1Gbit (ギガビット)は1,000,000,000ビットとして計算しています。

3.175機種のPCでの動作を確認

 175機種のPCシステムでの動作を確認しました注8。2.5型のHDDをそのまま置き換えることが可能なので、既存のシステムのパフォーマンス向上に貢献できます。一覧については以下のURLをご参照ください。

URL:http://www.semicon.toshiba.co.jp/product/storage/innovation/hybrid_drive/index.html#Compatibility

注8
本互換性評価は、PCならびにOSの組み合わせにおいて基本機能についてのみ動作確認したものであり、全ての機能につき動作確認したものではありません。また当社がお客様に動作の保証をするものでもありません。上記リンク先の動作確認一覧を提供するにあたり、当社およびその関係会社は、当該製品の品質、性能、非侵害、商品性および特定目的の適合性を含めて、明示的であれ、黙示的であれ、当該製品の保証範囲を超えたいかなる保証もいたしません。

4.環境への配慮

(1)本体全体のハロゲンフリー、アンチモンフリーを実現注9

 塩素および臭素を対象として、濃度を自主基準値以下(それぞれ900ppm以下で合計1,500ppm以下)に管理しています。また、アンチモンを1,000ppm以下に管理し、アンチモンフリーを実現しています。

注9   当社セミコンダクター&ストレージ社は、ハロゲンフリー/アンチモンフリーのHDDを次の要求をすべて満たす製品として定義します。
(a)臭素(Br)および塩素(Cl)をそれぞれ重量比900ppmを超えて含有せず、かつ臭素と塩素の合計が重量比1,500ppmを超えて含有しないこと。
(b)アンチモン(Sb)を重量比で1,000ppmを超えて含有しないこと。これは、本SSDが臭素、塩素、およびアンチモンを全く含有しないことを意味するものではありません。また、他のハロゲン族元素(フッ素(F)、ヨウ素(I)、およびアスタチン(At))が含まれる可能性があります。

(2)RoHS指令に適合

 2011年に改正され、2013年1月から適用開始されたEU(欧州連合)RoHS指令 (2011/65/EU) に適合しています。

新製品の主な仕様 

 

MQ01ABF050H

MQ01ABF032H

記憶容量

500GB

320GB

ディスク枚数

1

ヘッド数

2

平均シーク時間

12ms

インターフェース

Serial ATA 3.0/ATA-8

インターフェース転送速度

1.5 / 3.0 / 6.0 Gbit/s

回転数

5,400rpm

バッファ容量

32MiB注10

NAND型フラッシュメモリタイプ

SLC

NAND型フラッシュメモリサイズ

8GiB注10

外形寸法

(W)69.85mm×(D)100.0mm×(H)7.0mm

質量

90g(typ.)

エネルギー消費効率注11

0.00150

0.00235

区分名

E

E

騒音

アイドル時

19dB

シーク時

21dB

耐振動性

動作時

9.8m/s2  {1.0G}(5-500Hz)

非動作時

49m/s2  {5.0G}(15-500Hz)

耐衝撃性

動作時

3,920m/s2  {400G} (2ms half sine wave)

非動作時

8,820m/s2  {900G} (1ms half sine wave)

注10
1GiB (ギビバイト)は230バイト = 1,073,741,824バイト、1MiB(メビバイト)は220バイト = 1,048,576バイトとして計算しています。
注11
省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める記憶容量で除したものです。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

ストレージプロダクツ事業部
TEL : 03(3457)2445
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。