Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

ブラジル・リオデジャネイロ州近郊線電車向け電気品の受注について

2013年06月27日

 当社は、中国の商社である中国機械進出口(集団)有限公司と、車両メーカーの長春軌道客車股份有限公司の2社で構成されるコンソーシアムから、ブラジルのリオデジャネイロ州交通局が運営するリオデジャネイロ州近郊線電車向けに60編成240両分の電気品を受注しました。受注金額は約60億円です。

 今回受注した電気品は、VVVFインバータや牽引モーターなどの車両牽引用主回路システム、車内照明や車載空調用の補助電源システム、車両情報システムなどで、今年9月から2014年12月までに順次納入する予定です。当社は、これまでもリオデジャネイロ州近郊線電車向けに50編成200両分の電気品を納入しています。今回の受注は、これらの実績を通じた当社製品の信頼性などが高く評価されたものです。

 ブラジルでは、2014年のサッカーワールドカップや2016年の夏季オリンピック開催を控え、政府による経済成長加速化プログラムにより、資源、発電や送電などのエネルギー分野や道路、鉄道などの輸送分野などに対して投資が行われる計画です。慢性的な市内交通渋滞の解消は急務であり、鉄道分野においてはサンパウロ、リオデジャネイロといった大都市を中心に新線建設の計画を多く有し、またその他地方都市においても経済成長加速化プログラムを活用した鉄道インフラ整備が数多く計画されております。政府による第二次経済成長加速化プログラムにおいては、鉄道分野で2011年から2014年までに260億ドルを超える予算が計上されています。

 当社は、今後も市場規模の拡大が見込まれるブラジルなどの新興国を重要地域の一つとして位置づけ、海外における鉄道用電気品の受注活動を積極的に行い、鉄道システム事業の拡大を図ります。

受注概要

1.納入先:長春軌道客車股份有限公司
2.受注品目:主回路システム、補助電源システム、車両情報システムの主要電気品
         (60編成240両分)
3.納入時期:2013年9月から2014年12月

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。