Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

四日市工場 第5製造棟の第2期分の建設について

2013年07月02日
完成イメージの図

 当社は、NAND型フラッシュメモリの次世代プロセス品や三次元構造品(以下、3Dメモリ)の生産スペースを確保することを目的に、四日市工場(三重県四日市市)において、第5製造棟の第2期分を本年8月末から建設します。竣工は2014年夏の予定で、具体的な設備導入・生産開始時期や生産能力、生産計画等については、市場動向を踏まえ、今後決定していきます。

 第5製造棟は、市場動向を見極めながら、その時々に最適な生産スペースを確保するという観点から、建屋を2期に分けて建設することとし、第1期分については2011年7月から稼動しています。第2期分については、スマートフォンやタブレット、エンタープライズサーバ向けSSDなどを中心に需要が増加傾向にあること、中長期的にも市場拡大が見込まれることから、今般、建設を決定しました。3Dメモリの生産スペースを確保するとともに、最先端の微細化技術を継続して開発、適用することで、さらなる事業競争力強化を図ります。

 第5製造棟は、製品を効率的に自動搬送するシステムや地震時の揺れを吸収する免震構造を採用しています。また、LED照明の全面展開、最新の省エネ製造設備の導入などによる省エネや工場廃熱の有効利用による燃料消費削減などを通してCOの排出量を第4製造棟と比較して13%低減するなど、環境面にも配慮した工場とする計画です。

 今後も当社は、市場動向にあわせたタイムリーな設備投資、微細化や新規メモリの開発など、メモリ事業の競争力強化に向けた取り組みを積極的に展開していきます。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。