Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

サウジアラビアにおける原子力発電所の新規建設に関する共同提案体制構築について

2013年09月09日

   当社は、当社グループ会社であるウェスチングハウス社(Westinghouse Electric Company:以下、WEC)、米国大手電力会社エクセロンの子会社であるエクセロン・ニュークリア・パートナーズ(Exelon Nuclear Partners:以下、エクセロンニュークリア)と、サウジアラビア王国に対して、原子力発電所新規建設に向けての共同提案を行うことで合意し、契約を締結しました。
   当社およびWECが機器の設計・技術、エクセロンニュークリアが運転関連サービスについて担当します。

 サウジアラビアでは、2010年4月にアブドラ国王原子力・再生エネルギー都市が設立され、2030年までに16基の原子力発電所の建設が計画されるなど、原子力発電所に関する関心が高まっております。
   当社およびエクセロンニュークリアは2010年7月に、サウジアラビアに対する原子力発電所建設に向けての共同提案体制構築について合意し契約を締結しましたが、今般、新たにWECを加えた共同提案体制を整えることで、同国での原子力発電所の受注を目指します。

注:アブドラ国王原子力・再生エネルギー都市(King Abdullah City for Atomic and Renewable Energy, KACARE)、アブドラ国王が創立を命じた、原子力と再生可能エネルギーの開発を所管する政府組織。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。