Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

ラップトップPC「T1100」が「IEEEマイルストーン」に認定

2013年10月29日

 

ラップトップPC「T1100」 IEEEのDr.Peter W.Staecker President & CEO(写真右)から
記念の銘版を贈呈される当社西田会長(写真左)

 当社が1985年に欧州で発売したラップトップPC「T1100」が、世界最大の電気・電子関係の学会であるIEEE注1から、「IEEEマイルストーン」注2に認定されました。これは、「T1100」がラップトップPCの発展に大きな貢献をしたことが認められたものです。

 「IEEEマイルストーン」は、電気・電子技術およびその関連分野において、社会に大きく貢献したと認定される歴史的な業績を表彰するもので、1983年に制定されて以来、全世界で約140件のマイルストーンが認定されています。当社においては、2008年に認定された日本語ワードプロセッサ「JW-10」に続き2件目の認定となります。

 当社は、当時、デスクトップPCの標準となっていたIBM PCと互換性を持ったラップトップPCの開発を1984年に開始し、1985年に「T1100」として欧州で発売、ラップトップPC市場の創出とその後の市場拡大に大きく貢献しました。「T1100」は、当時としては高解像度の液晶ディスプレイを搭載するとともに、3.5インチフロッピーディスクを採用することで小型化を図り、また、電源管理技術を開発し、8時間バッテリー駆動注3を可能としました。さらに、重さにおいては約4.1kgを実現しました。

 当時、特定の机に常設されたデスクトップPCに対し、携帯性に優れたことが市場に受け入れられ、「T1100」は初年度には欧州市場を中心に1万台の販売を達成しました。翌年にはラップトップPCでは世界で初めて注4ハードディスクを搭載し、デスクトップPCで使われていた高性能CPUを用いた「T3100」を発売するなど、用途に応じて選べる商品ラインアップを構築し、米国および日本にも展開しました。その後も、「T1100」を含む当社のラップトップPCは、拡大するPC市場をけん引し、ポータブル機器向けの関連部品産業の誕生と成長を促すとともに、情報化社会の高度な伸長に貢献しました。

 なお、今回IEEEより贈呈される記念の銘板は、2014年初頭にリニューアルオープンする予定の東芝未来科学館(川崎市)に常設展示します。

注1
IEEE(正式名称:The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.)
米国に本部を置く世界最大の電気・電子技術者の学会組織です。「アイ・トリプル・イー」と呼称され、世界160カ国以上に400,000人以上の会員を擁する非営利団体です。IEEEは、コンピュータ、バイオ、通信、電力、航空、電子等の技術分野で指導的な役割を担っています。国際会議の開催、論文誌の発行、標準化などの活動を行っています。
注2
IEEE マイルストーン
IEEEが、電気・電子・情報・通信の分野において達成された画期的なイノベーションの中で、開発から25年以上経過し、社会や産業の発展に多大な貢献をしたと認定される歴史的な業績を表彰する制度です。1983年にElectrical Engneering Milestonesとして創設され、2000年にIEEE Milestones in Electrical Engineering and Computingと改称され現在に至っています。これまで全世界で約140件のマイルストーンが認定されています。日本では17件が認定され、今回の当社の認定は18件目になります。
注3
1985年当時の使用環境により、当社において算出したもの。
注4
1985年当時。当社調べ。

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。