Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

SMART MOBILITY CITY 2013 3社合同ブース出展概要について

2013年11月07日

積水ハウス株式会社
株式会社東芝
本田技研工業株式会社

積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区 社長:阿部 俊則 以下、積水ハウス)、株式会社 東芝(本社:東京都港区 社長:田中 久雄 以下、東芝)、本田技研工業株式会社(本社:東京都港区 社長:伊東 孝紳 以下、Honda)の3社は、第43回東京モーターショー2013の会場内で11月22日(金)から12月1日(日)まで開催される「SMART MOBILITY CITY 2013」(主催:一般社団法人 日本自動車工業会)に、合同で出展します。

今回の合同出展では、「もっとスマートに、もっと自由に。」をテーマに、住まいと家電とクルマが深くつながることで、人々がより安全に、より便利に、そしてもっと楽しくなる未来の暮らしを提案します。そこでは、ITやパーソナルモビリティーが活用されるスマートハウスと、そのスマートハウスがエネルギーや情報、モビリティーでつながるスマートコミュニティーを紹介します。さらには、家庭用コージェネレーションや燃料電池電気自動車に水素が利用される社会の到来を見据えています。

積水ハウスは、心地よさを追求した空間「スローリビング」や乗り物とつながる楽しい暮らし「モビリティライフ」を展示するとともに、住宅メーカーがハブとなり、東芝、Hondaの最新技術を暮らしの中にどうつなげていくのかをご紹介します。また、ホーム・マネジメントの機能を拡大し、家族の健康管理や医療介護・見守りといった、安心と快適さを提供する未来の住宅構想を発表。その一端として、最新のセンシング技術を活かした新サービスを披露し、未来の「SLOW& SMART」を提案します。

東芝は、クラウドにつながることで実現する便利で快適なサービスにより、新たな暮らしを提案するソリューションをご紹介します。電池の活用による再生可能エネルギーの安定供給やEVの充電管理など、コミュニティーにおける住宅とモビリティーのつながりをスマートコミュニティーのジオラマで紹介します。また、ホームソリューションとして「スマート家電(冷蔵庫、洗濯機、LED照明、エアコン)」、高画質により感動を届ける84V型4K対応液晶テレビ「レグザ」、最新のノートPC「dynabook(ダイナブック)」、「REGZA Tablet(レグザタブレット)」を展示します。

Hondaはコミュニティーにおける新たなモビリティーの提案として、熊本県、さいたま市、宮古島市との共同社会実験を予定している近距離移動用の超小型EV「MC-β」を展示するほか、屋内での自由な移動を実現する「UNI-CUB」や「体重支持型歩行アシスト」、究極のクリーン性能に加えてクルマから家庭への外部給電という新しい価値を生み出す燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を出展します。

住まいの先進技術によって安全で快適なくらしを家づくりから支える積水ハウス、エネルギーの安定供給と快適で効率的な生活・住空間づくりでスマートコミュニティーの実現に取り組む東芝、次世代モビリティーによって移動の喜びを提供し続けるHondaの3社は、業界を超えて連携し、将来の水素の普及まで視野に入れた、もっと安全・安心で、もっと快適で楽しいスマートな未来の生活を提案していきます。

なお、3社合同のプレスカンファレンスは、それぞれの社長の出席のもと、11月21日10:15よりブースで実施する予定です。

 


ブースイメージ

<出展一覧>

【積水ハウス】

○SLOWな暮らしを最新のSMARTな技術で実現するSLOW&SMART

○ウエアラブルセンサーを用いた「スマートヘルスケアサポート」

○居心地の良い空間を心理や行動面から科学して生まれた「スローリビング」

○乗り物とつながる楽しい暮らし「モビリティライフ」

○優しい空気を提供する空気環境配慮仕様「エアキス」

○地震の揺れを1/2にする制震性を維持しながら大きな窓を可能にした「ハイブリッドシーカス」

【東芝】

○FEMINITY対応スマート家電(冷蔵庫、洗濯機、エアコン、LED照明)

○84V型4K対応液晶テレビ「レグザ」

○ノートPC「dynabook(ダイナブック)」

○「REGZA Tablet(レグザタブレット)」

【Honda】

○超小型EV「MC-β」

○パーソナルモビリティー「UNI-CUB」

○体重支持型歩行アシスト

○燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」

また、同会場で一般社団法人 日本自動車工業会が主催する試乗・デモンストレーションにも下記のモデルを出展予定です

○超小型EV「MC-β」(試乗)

○超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」(自動運転デモンストレーション)

○パーソナルモビリティー「UNI-CUB」(試乗)

<SMART MOBILITY CITY 2013 開催概要>

◇テーマ:KURUMA NETWORKING … くらしに、社会に、つながるクルマたち

◇会場:東京ビッグサイト(西4ホールおよび屋上展示場/会議棟)

◇開催期間:2013年11月22日(金)~12月1日(日)

報道関係者招待日は11月20日(水)、21日(木)

◇主催:一般社団法人 日本自動車工業会

◇公式ホームページURL:http://smc.tokyo-motorshow.com/

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。