Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

「次世代郊外まちづくり」スマートコミュニティ推進部会の取組みの一環としてたまプラーザ駅における「駅設備の電力見える化」を実施します。

平成25年12月から平成26年2月まで、駅の消費電力を測定し、モニターで表示します。
2013年12月02日

横浜市
東京急行電鉄株式会社
株式会社 東芝

 東京急行電鉄株式会社(以下「東急電鉄」という。)と株式会社東芝(以下「東芝」という。)は、東急田園都市線たまプラーザ駅において、「駅設備の電力見える化」試験(以下「本試験」という。)を実施します。

 本試験は、横浜市と東急電鉄が取り組む「次世代郊外まちづくり」において、快適かつ省エネルギーな街づくりを目指し、既成市街地における生活者中心のスマートコミュニティ化を図るスマートコミュニティ推進部会の活動の一環として実施するもので、地域の象徴である駅で省エネに取り組むことにより、地域での節電・省エネ意識の向上と、駅設備の節電・省エネを目的としています。平成25年12月1日(日)から平成26年2月28日(金)まで、駅設備の消費電力量を測定し、平成25年12月下旬(予定)から駅構内に設置したモニターで表示することで、「駅設備の電力見える化」を行います。また、今回得られた電力測定結果や知見・ノウハウを活かして、駅エネルギーマネジメントシステムの検討を進めていきます。

 各ご家庭で省エネ活動に取り組んでいただくために現在実施している「次世代郊外まちづくり 家庭の省エネプロジェクト」に加え、本試験を実施することにより、スマートコミュニティの構築に向けた地域全体での省エネを目指します。

 たまプラーザ駅における「駅設備の電力見える化」の概要は、別紙のとおりです。

添付資料

 

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。