Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

「2014 International CES」の出展について

2014年01月07日

 当社は、1月7日から10日までの4日間、米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「2014 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」において、「Life Style Innovation “Displays That Change Your Life”」をテーマにデジタルプロダクツを中心とした展示を行います。

 主な展示内容 

1.Future Zone

生活に新しい価値や利便性をもたらす近未来のディスプレイを中心に最先端のデジタルプロダクツを提案します。

(1)次世代4K関連商品

自社開発の映像エンジンとパネルモジュールで高画質を実現する次世代4K対応テレビや、曲面パネルを採用し映像への没入感を高めた4K対応テレビ、約1,100万(5,120×2,160)画素の105V型テレビ、4Kパネル搭載ノートPCを参考展示します。

(2)ミラーディスプレイ

キッチンやリビングなど生活空間をスマートに演出し、映像や情報を便利に共有できるミラーディスプレイを展示します。

2.Current Zone

米国地域における新商品、サービスなどを紹介します。

(1)ノートPC

2月から米国で発売するGoogle Chrome OS搭載ノートPC「Chromebook(クロームブック)」を展示します。「Chromebook」には、持ち運びやすく使いやすいシンプルでスタイリッシュなデザインを採用しました。

(2)タブレット

Windows8.1®搭載の8型タブレット、エントリーモデルの7型AndroidTMタブレット、ペン入力した文字や図形を手書きで検索できるノートアプリケーション「TruNote(トゥルーノート)」搭載の10.1型AndroidTMタブレットを展示します。

(3)企業向けPCサービス

クラウドを活用し、IT資産を効率的に管理する東芝クラウドクライアントマネージャー(TCCM)やHDDの故障予兆検知機能などの新機能を追加した東芝スマートクライアントマネージャー(TSCM)などの企業向けソリューションを展示します。

(4)4Kデコーディング技術

次世代の4Kコンテンツ配信や4K放送に向け実用化が期待されている動画圧縮規格HEVCを使った4Kデコーディング技術をデモ展示します。

High Efficiency Video Coding
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。