Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

インドの水処理エンジニアリング会社への出資について

インド周辺地域の水処理ビジネスに参入
2014年01月07日

 当社は、この度、水処理事業の拡大に向けて、インドの水処理エンジニアリング会社であるUEM社(UEM India Pvt. Limited)に出資し、第三者割当方式により同社株式の26%を取得する契約を締結しました。今後、同社との提携を通じて、インドを起点に周辺諸国も含めた市場でビジネスを展開していきます。

 UEM社は、水処理EPC注1およびO&M注2の遂行能力に優れ、インドを中心に北米や中米、アフリカなど世界30か国に350箇所以上の水処理施設を納入しています。また、膜分離活性汚泥法や逆浸透膜による淡水化・水再生など、高い水処理技術分野での豊富な実績があるインドの有力水処理企業です。

 当社は今回、UEM社と資本提携することで、インド市場を中心に当社の製品・技術を拡販していくとともに、両社のシナジーにより発電所向け水処理プラントの受注拡大を目指すほか、日系進出企業や環境意識の高い現地企業に対し、現地の事情に精通したソリューションとサービスを提供していきます。

 インドの水市場は、経済発展と都市化を背景にした公共事業分野への投資が拡大しているほか、不足する水資源の確保と汚染対策のため、産業分野を中心に、造水・水再生処理の分野で高い成長性が見込まれています。また、インド周辺諸国においても、経済成長に伴う上下水道などのインフラ整備への投資が期待されていますが、水処理事業は地元企業を中心に展開されるなど、市場参入には地域性を踏まえた取り組みが必要とされています。

 当社は今回、海外展開の強化に向けた戦略的パートナーとして、UEM社と資本提携し、インドおよびその周辺諸国の水市場に参入することで、2020年度の水処理ビジネスにおける海外売上高比率20%以上を目指します。

注1 EPC:Engineering, Procurement and Construction
注2 O&M:Operation and Maintenance

UEM社の概要

1.代表者

Krishan M Kshetry(クリシャン M クシェトリ)

2.本社所在地

ニューデリー

3.従業員数

約750人

4.資本関係

東芝26%、India Value Fund 50.48%、個人株主(創業家)23.52%

5.事業内容

水処理EPCおよびO&M

6.売上高

約70億円(2013年3月期・連結)(インド国外の売上比率34.8%)

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。