Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

ストレージシステムのラインアップ拡充について

米・ニンブルストレージ社と日本における総代理店契約を締結
2014年01月21日
ストレージシステムの写真
ニンブルストレージ社のストレージシステム

  当社は、クラウド事業者や企業内システムなど向けのストレージシステムのラインアップに、中小規模のストレージシステムに強みを持つ米・ニンブルストレージ社の製品を追加します。米・ニンブルストレージ社と日本市場における総代理店契約を締結し、主要販売代理店を通じ2月から販売を開始します。

 当社は、従来から展開している大規模で拡張性の高いストレージシステムに、今回ニンブルストレージ社の高速なミッドレンジストレージシステムを追加することで、幅広いユーザーからのニーズに応えていきます。具体的には、従来から展開している金融システム・大企業の基幹業務管理システム等の大規模システムに加え、サーバーやデスクトップの仮想化、メールなどの情報系システム、さらには中堅中小企業における様々なシステムにも対応可能となり、広範囲なストレージシステムの需要をカバーすることができます。

 ニンブルストレージ社は、2007年に設立され、高性能ストレージシステムが市場で高く評価され、急成長している企業です。同社は、ハードディスクドライブ(HDD)とフラッシュメモリ(SSD)を組み合わせた「ハイブリッドストレージ」と呼ばれる製品を提供しており、HDD主体の一般的な従来型ストレージシステムと比較して、約 5倍のI/O性能があります。既に海外では、2,100社を超える顧客実績があり、サーバー仮想化やメールシステムを始め、データベースシステムなどでの稼働実績があります。

 近年、仮想化技術の進展、クラウド化、ビッグデータ技術の一層の浸透などを背景に、ストレージシステムの高性能化・大容量化に加え、省スペース性、高い環境性能、運用管理の容易さなどニーズが多様化しています。そこで、当社は今後も製品ラインアップを充実させるとともに、販売パートナーと積極的に協力関係を構築していき、より一層事業を強化していきます。

ニンブルストレージ社の概要

設立  :

2007年

所在地 :

アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンノゼ

代表者 :

Suresh Vasudevan (最高経営責任者)

従業員数:

約500名

売上  :

53億円 (2013年)

事業内容:

ハイブリッドストレージシステムの製造・販売

ニンブルストレージ製品の詳細については、以下URLを参照ください。
http://www.toshiba.co.jp/cl/pro/nim/index_j.htm

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

ストレージシステム国内営業担当
TEL : 044(331)1286
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。