Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

宮古島での小型電動モビリティ等の活用に係る社会実験プロジェクト運用開始について

太陽光発電と蓄電池を組み合わせた充電ステーションを設置
2014年01月28日

 

 当社は、宮古島市、本田技研工業株式会社、株式会社本田技術研究所と協力して、宮古島市のエコアイランド化の推進に向け、島内の新たな移動手段としての超小型EVや、電力供給装置等の導入および活用、運用管理に関する情報収集を行う「宮古島市小型電動モビリティ等の活用に係る社会実験プロジェクト」を本日から運用開始します。

 本社会実験において、当社は太陽光パネルと蓄電池を備えた充電ステーションを宮古島市内3か所に設置します。また、東芝ホームITシステム「フェミニティ」を活用して、電力需給状況を「見える化」し、社会実験用の超小型EVに加え、島内で運用されている電気自動車が、再生可能エネルギーのみで走行するために最適な太陽光の発電量と蓄電池の容量の検証を行います。

 充電ステーションには、当社製の高効率太陽電池モジュールと、当社製リチウムイオン二次電池SCiBTMを搭載した定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」を活用しています。宮古島市は台風による停電が頻発する地域であることから、当社は、非常用電源としての蓄電池の活用も想定しています。将来的には、本実験を通じて確立したモデルについて一般家庭等へ普及することを目指します。なお充電ステーション設備の一部は、経済産業省の「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」に採択されています。

 本実験の走行試験に使用される株式会社本田技術研究所の超小型EV「MC-β」にも、動力用として、当社製リチウムイオン二次電池SCiBTMが搭載されています。当社はSCiBTMの長寿命特性を生かし、車載用途から定置用途への二次利用も検討していくとともに、次世代自動車システムと再生可能エネルギーを活用したインフラ構築等の先端技術開発・連系を加速し、低炭素社会の構築に貢献していきます。

本実験概要

1.      実証地域:                      沖縄県宮古島市
2.      期間:                         2014年1月28日から2016年3月31日まで
3.      充電ステーション設置場所:  (1)下地庁舎 (2)城辺庁舎 (3)伊良部庁舎

充電ステーション 充電システム
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。