Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

東芝とNEC、国際通信規格「Wi-SUN Profile for ECHONET Lite」対応のスマートメーター向け通信ユニットを開発

2014年02月13日

株式会社 東芝
日本電気株式会社

 株式会社東芝(代表執行役社長:田中 久雄、以下東芝)と日本電気株式会社(執行役員社長:遠藤 信博、以下NEC)は、スマートメーターとHEMS注1関連機器間の通信に用いられる国際通信規格「Wi-SUN Profile for ECHONET Lite注2」の認証を初めて注3取得した通信ユニットを開発しました。同ユニットは、4月から東京電力株式会社(以下東電)管内に設置されるスマートメーターに内蔵され、HEMS関連機器との高度な接続性を実現します。

 「Wi-SUN Profile for ECHONET Lite」は、Wi-SUNアライアンス注4が策定した920MHz帯特定小電力無線向けの国際通信規格で、東電管内のスマートメーターと宅内の通信ルートに採用される予定です。本ユニットは同規格に対応したことで、スマートメーターとHEMS関連機器間の通信を安全かつ安定化し、相互接続性を確保するとともに、正確な電力使用量データの送信を実現します。将来的には、スマートメーターから提供される電力使用量データに対応して、HEMS、家電などの宅内機器が連携する効率的なエネルギー管理も可能になります。

 東芝とNECは、今回認証を取得した「Wi-SUN profile for ECHONET Lite」規格を基本とする通信方式を活用することで、高度なエネルギー管理を可能とするアプリケーションの開発を進めます。また、スマートメーターとHEMS関連機器の連携による新たなサービスの創出を図り、需要家の幅広いニーズに対応するとともに、消費電力削減に貢献していきます。

注1
HEMS:Home Energy Management System;宅内エネルギー管理システム。エネルギーの効率的な使用のために、宅内機器の制御を行うシステム
注2
Wi-SUN Profile for ECHONET Lite:Wi-SUNアライアンスによって策定されたスマートメーター・HEMS間、およびHEMS・宅内機器間の920MHz帯無線通信規格
注3
製品として初めて同規格に対応
注4
Wi-SUNアライアンス:国際標準であるIEEE 802.15.4gに基づく相互接続性ある無線通信規格の策定、普及を目的とした団体(http://www.wi-sun.org
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。