Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

インドにおける東芝グループの社会インフラ事業の展開について

“Committed to the Future, Committed to India”
2014年02月14日

 当社は、高い経済成長が期待されているインドにおいて、社会インフラ事業を加速します。火力・水力発電を中心とする電力システム事業、T&D(送変電配電)事業のほか、エレベーターをはじめとするビルソリューション事業など、当社が手掛ける事業について、現地企業との協業関係強化も念頭に、今後5年間で約500億円規模の投資を行い、人員や設備増強を進め、2017年度に売上高3,000億円を目指します。

 電力システム事業では、東芝インド社の火力発電エンジニアリング部門と発電用タービン・発電機の製造・販売会社を1月に統合し、新たに「東芝ジェイエスダブリュー・パワーシステム社」を設立しました。当社グループ会社のティーピーエスシー・インド社とも連携し、エンジニアリング・製造・調達・建設・サービスを一貫して提供できる初の日系メーカーとして、インドにおけるEPC体制を確立し、インドおよび周辺地域における多数のプロジェクトの受注獲得を目指します。また、水力においても、ティーピーエスシー・インド社と連携し、エンジニアリング・製造・調達・コミッショニング・メンテナンスが可能な一貫体制を構築し、インド国内で完結できるビジネス体制を確立します。

 T&D事業では、昨年12月に、現地企業のヴィジャイエレクトリカル社から電力・配電用変圧器および開閉装置事業を買収し、新たに「東芝電力流通システム・インド社」を設立しました。新会社では、当社の最新鋭の設計・製造技術と製品ラインアップを生かし、インド国内のみならずグローバルにT&D製品を供給していくほか、インド国内向け電力用パワーエレクトロニクスシステム事業、鉄道用電力システム事業にも参入する計画です。

 ビルソリューション事業に関しては、2012年にエレベーター事業で現地企業のジョンソンリフツ社と合弁で、販売・保守会社である「東芝ジョンソンエレベータ・インド社」を設立しました。高速機種に強みを持つ当社グループと中低速機種に強みを持つジョンソンリフツ社とのシナジーを図り、ビルの省エネ化などを中心に提案活動を進め、シェア拡大を図ります。

 その他、鉄道事業においては、この度、デリーメトロ公社の新規車両に搭載する空調システムを受注するなど、今後インド市場にも注力するほか、現地の水処理エンジリアリング企業であるUEM社に出資するなど、インドにおける水処理ビジネスも積極的に展開していきます。

 当社は、今後もインド市場において、“Committed to the Future, Committed to India”を統一コンセプトに、「エネルギーをつくる、おくる、ためる、スマートにつかう」を実現するインフラ構築に向け、社会インフラ事業を推進することでインド社会に貢献していきます。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。