Japan

ニュース&トピックス

ドイツ「レッドドットデザインアワード2014」受賞のお知らせ

2014年03月26日




 当社グループは、このたび、ドイツ「レッドドットデザインアワード2014」において、5製品が「レッドドットプロダクトデザイン賞」を受賞しました。

 「レッドドットデザインアワード2014」は、ドイツの「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催し、「iFデザイン賞」(ドイツ)、「IDEAデザイン賞」(アメリカ)とともに、世界でも最高峰のデザイン賞とされており、革新性、機能性、品質、人間工学など9つの基準から審査され、受賞製品が選定されます。

 授賞式は、7月7日にドイツ・エッセンで行われ、受賞製品は、世界遺産「ツォルフェライン炭鉱跡地」の一部を改造した「レッドドット・デザインミュージアム」で行われる特別展で7月8日から8月3日まで展示されます。

受賞の主なポイント

1.液晶テレビ「レグザZ8/J8 シリーズ、L7400 シリーズ」

 フルHD最高画質を目指した大画面の液晶テレビです。直下型広色域LED採用「ダイレクトピュアカラーパネル」を独自開発の映像処理エンジン「レグザエンジンCEVO Duo」で高精度に制御することにより、映像本来の輝きや自然で鮮やかな色彩を再現します。スピーカーには、「ラビリンスバスレフ型BOX構造」を採用することで迫力ある低音再生を可能にしました。感動の高画質を実現する機器に相応しい、高品位な外観を厳選した素材でさらに磨き上げることで、シンプルながら洗練されたフォルムを実現しています。

レグザZ8/J8 シリーズ、L7400 シリーズ
 

2.ブルーレイディスクプレーヤー「BDX6400」

 インターネット接続、Wi-Fi、ポータルサービスなどのネットワーク機能を搭載したブルーレイディスクプレーヤーです。フルHDの4倍の画素(3,840×2,160)を持つ高精細大画面4Kパネルに対応し、ブルーレイディスクやネットコンテンツ等のコンテンツを4K高解像度化して視聴することができます。横置き、縦置きが選択できる一体型トップカバー構成と、高密度実装によりサイズをコンパクト化し、使用者に自由度の高い設置性を提供しました。さらに、スロットインディスクドライブの採用により、ディスク操作の簡易化を実現しました。
 「人を想う」と「簡潔な美」のコンセプトをベースとし、素材感を活かしたシンプルで高品位なデザインと高いユーザービリティの商品を目指しました。

Blu-ray Disc™ (ブルーレイディスク)、はブルーレイディスク アソシエーションの商標です。

BDX6400
3. ノートPC「dynabook R634/R644/R654、 Portégé Z30/TECRA Z40/Z50」

 薄さ・軽さだけではなく、ビジネス用PCに求められる高いパフォーマンスにふさわしい、高品位なデザインのノートPCです。シリーズを通してハニカム構造のマグネシウム合金を採用し、ねじれに強く軽い高剛性ボディを実現しました。また、長時間バッテリー駆動であり、モニターやプロジェクターに直接接続できるHDMI端子やRGB端子、別売りのポート拡張ユニットにより3台のディスプレイ表示を可能にするなど、スリムでありながらもビジネスシーンに欠かせない充実した拡張性を持たせました。さらに、手をホームポジションから手をほとんど動かさずに使えるアキュポイントや、快適に打てる1.5mmストロークのキーボード等、細部まで使い心地を大切にしました。

dynabook
4.MRIシステム「Vantage Elan™」

 当社の最新技術を用いた革新的なハードウェアと、独創的なアプリケーションにより、高性能かつコンパクトなボディを実現した1.5T MRI装置です。造影剤を使わない撮像法や標準搭載された静音化技術など、患者の負担を軽減する数々の機構を搭載しています。さらに検査時間の短縮化や、精度向上を実現する新アプリケーションの搭載など、検査に関わるすべての人に優しい検査環境を実現し、診療科の幅広いニーズに答えます。
 本製品は、設置面積を従来から約29%削減するとともに、設置工程を最短5日に短縮し、各ユニットの省電力化を推進するなど、パフォーマンスは犠牲にせず、高画質・簡単・省スペースを実現しました。また、本製品のデザインは、患者視点に立ち、形状の凹凸や陰影までも徹底的にコントロールし、無駄な要素を極限まで排除しています。これにより、装置が与える威圧感や圧迫感などの心理的ストレスを無くし、リラックスできる検査環境を実現しています。

Vantage Elan™

5.超音波診断システム「Xario™ 200」

 多様な医療現場や検査環境に適合すべく多彩な機能と高画質性能をコンパクトなボディに集約した超音波診断装置です。院内各所へ手軽に持ち運べる最適な機動性、限られたスペースや様々な検査環境に対する設置性、操作者の身体的負担を軽減する操作パネルとモニターの高い可動性により、ワークフローに最適な操作性を実現しました。
 本製品は、リアルタイムに検査画像が得られ、被ばくの心配が無いことから腹部臓器や循環器、産婦人科、血管、運動器などの広い臨床分野で、ルーチン検査や精密検査の目的で幅広く使われています。

Xario™ 200