Japan

ニュース&トピックス

英国におけるインフラ状態変化検出のための実証実験の開始について

2014年05月29日

 当社は、トンネルや橋梁などのひび割れ、水漏れなどの状態の変化を写真画像から検出する技術を開発しました。今回、ケンブリッジ大学とともに、英国National Grid社が保有するロンドン市内の送電線トンネル内を撮影し、画像データから三次元画像を再構成した後、トンネル内の状態変化を検出する実証実験を5月14日から9月末まで行います。

 当社は、複数の写真から1つの撮影対象を三次元で再構成する「三次元再構成技術」と、異なる時期に撮影された2枚以上の写真を比較して変化を検出する「画像変化検出技術」を組み合わせ、トンネルなどの異常を検出する技術を開発しました。本実証実験では、送電線トンネル内の約2kmの範囲をデジタルカメラで撮影し、その写真をもとに当該トンネルの三次元画像を再構成したうえで、状態変化の検出を行います。本実証実験をもとに、今後本技術を用いた検査の時間を人間が検査した場合に比べて短縮化できることを検証し、劣化診断のコストを従来の約10分の1にすることを目指します。

 近年、国内外でのインフラ老朽化が深刻化しており、維持管理に対する取組の重要性が増しています。しかし、従来、トンネルや橋梁などの劣化診断は、人が目視により、人手や時間をかけて行っていました。今回、当社が開発した技術により、低コストで汎用性をもつインフラ検査が可能となります。

 当社は、本実証実験をもとに、国内外において2015年度以降の実用化を目指します。

実証実験の概要

1.期間
  2014年5月14日~9月末

2.場所
  英国National Grid社が保有するロンドン市内の送電線トンネル

3.実証実験の内容
  National Grid社所有のトンネル内(2km)を市販のデジタルカメラを用いた検査機器で撮影し、当該トンネルの三次元画像を構成するまでの
  時間を測定し、変化を検出する。