Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

パラグアイ イグアス水力発電所向け発電設備を受注

2014年06月17日

 当社は、パラグアイ国営電力公社から同国のパラナ川流域に建設されるイグアス水力発電所向け発電設備を三井物産プラントシステム株式会社とのコンソーシアムで受注しました。受注金額は約80億円で、水力発電設備としてはパラグアイにおける初の受注になります。

 今回受注したのは、日本の円借款により建設される出力20万6千キロワットの水力発電所に、単機出力10万3千キロワットの水車および水車発電機2セットを納入し据え付けるもので、主要機器であるカプラン水車ランナは直径8メートルと、世界でも最大級のものとなります。設備は2016年6月から順次出荷し、据付工事、試運転を行ったのち、2018年に営業運転を始める計画です。
 当社はこれまで南米においては、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、エクアドル、ペルー、ベネズエラ向けに水力発電設備の納入実績があり、特にコロンビアでは発電容量の半数を当社製水車発電機が占めています。今回これらの実績や技術力、機器の信頼性が総合的に評価され受注に至りました。

 現在パラグアイは国内電力需要の多くをブラジルやアルゼンチンと共同開発した水力発電所に依存しています。今回パラグアイの豊富な水資源を活用したイグアス水力発電所を建設することで、ピーク時需要を含めた電力を自国の発電設備で安定供給することが可能となり、同国の著しい経済成長に伴う旺盛な電力需要の伸びに対応します。

 当社は今後も、地域の特性に応じた最適な発電システムの提案を通して、グローバルに再生可能エネルギー事業を展開していきます。

受注概要

発電所名

イグアス水力発電所

事業者

国営パラグアイ電力公社

所在地

パラグアイ東部 カアグアス県、アルト・パラナ県

納入設備

10万3千キロワット水車および水車発電機2セット他付帯設備

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。