Japan

ニュース&トピックス

東芝未来科学館 年間想定来場者数の30万人を突破

2014年09月08日

 東芝未来科学館の累計来場者数が、年間想定来場者数である30万人をオープン約7カ月となる9月7日に突破しました。

 本館は、「あたらしい技術がつくるあたらしい未来を、ひと足先に体感できる」企業ミュージアムで、1961年11月から2013年9月まで川崎市幸区小向で開館していた東芝科学館をリニューアルし、当社スマートコミュニティセンター内に2014年1月31日にオープンしました。

 本館は、JR川崎駅に隣接していることもあり、オープン以来家族連れや学生、当社に来社するビジネスマンを中心に順調に来場者数が増加しており、1日平均約1650人の来場者数を記録しています。
 また、8月には工作・実験教室「サイエンスフェスタ」やNPO法人 ガリレオ工房考案の自由研究イベント「サイエンスウイーク」など、夏休みの子供を対象としたイベントを開催したことでさらに来場者数が増加し、オープン当初に見込んだ累計来場者数30万人を突破しました。
 
 本館は、冬休みにも子供の喜ぶイベントを企画する予定で、年間40万人以上が来場すると見込んでいます。今後とも「人と科学のふれ合い」をテーマに、“おもてなしの心”を持ってより多くの方々に来場頂けるよう努めてまいります。

稼働日あたりの平均