Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

人間型のコミュニケーションロボットの開発について

2014年10月06日
ロボットの写真 

 当社は、将来的に福祉・ヘルスケア分野などでの活用を目指し、人間らしい容姿で腕や手が自然な動きをするコミュニケーションロボットを開発しました。10月7日から開催されるCEATEC JAPAN 2014に参考展示します。

 新ロボットは、肌の質感や目の動きなど人間らしい容姿をしており、親しみやすい人間型のロボットです。現在、お辞儀や簡単な挨拶・手話などの動作を行いますが、2020年には当社のセンサ技術、音声合成技術、音声認識技術、ロボットメカ制御技術など多岐に渡る技術を組み合わせて、高齢者・認知症患者の話し相手、遠隔カウンセラー、手話ロボット、高齢者見守りロボットなど福祉・ヘルスケア分野での活用を計画しています。

 当社は、株式会社エーラボ、大阪大学、芝浦工業大学、湘南工科大学の協力の下、新ロボットを開発しました。当社が産業用ロボット分野で培った技術・ノウハウを活かし、43箇所の駆動装置が滑らかに動く多関節ロボットの動作アルゴリズムを開発しました。さらに、芝浦工業大学、湘南工科大学のロボット駆動技術とモーションセンサーを応用した動作教示技術と、株式会社エーラボ、大阪大学の人間らしい容姿・表情づくりの技術を組み合わせることで、今までにない上半身が自然に動く生身の人間らしい質感をしたロボットの開発に成功しました。来年度には受付窓口や展示会の案内係用のロボットとして実用化を目指します。

 ロボット市場は、福祉・ヘルスケア分野、製造分野、農林水産分野、サービス分野、エンターテイメント分野などで今後拡大が見込まれています。当社は、グループ内にある広範囲な技術を融合させ広い領域で活用する「ニューコンセプトイノベーション」を推進しており、東芝グループが持つ幅広い技術資産を結集したロボットを開発していきます。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。