Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

北米における発電事業の体制強化について

2014年12月05日

 当社は、北米における「東芝インターナショナル米国社」の火力・水力事業、「東芝アメリカ原子力エナジー社」の原子力発電用蒸気タービン・発電機(以下、STG)事業および「ウェスチングハウス社」のSTG事業を統合し、「東芝アメリカエナジーシステム社」を設立します。新会社は2015年4月1日に営業を開始する予定で、北米における発電事業の拡大を目指します。

 今回の統合により、3社それぞれで対応していたSTG事業の営業・サービス窓口を一本化し、ワンストップでソリューションを提供できる体制を構築します。北米における火力・水力事業で形成してきた強固な販売網や、原子力事業で培ってきた設計、調達、建設の総合的なノウハウなど、それぞれのリソースを相互に活用することで、シナジー効果を創出し、新設プラントへのSTG供給や、他社機を含む既設機に対するサービス事業を強化することが可能になります。

 当社は、これまで北米において、火力および原子力事業で100台を超えるSTGの受注実績があり、自社機のメンテナンスを中心にサービス事業にも力を入れてきました。2007年には米国でSTGの既設改修事業を展開していたレジェンコ社を買収し、ミルウォーキーにあるサービスセンター内でメンテナンスを提供できる体制を構築しています。今後は、ワンストップで総合的なサービスの提供を推進し、北米における発電事業の売上高の更なる拡大を目指します。

 統合会社の概要

社名

東芝アメリカエナジーシステム社

英語名称:Toshiba America Energy Systems Corporation

営業開始日

2015年4月1日

所在地

アメリカ ノースカロライナ州

従業員数

約500人

事業内容

・火力・原子力のSTGの供給

・再生可能エネルギーの発電設備の供給

・総合的なサービスの提供

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。