Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

ミャンマー アッパーイェワ水力発電所向け発電設備を受注

2015年03月30日

 当社の中国にあるグループ会社で、水力発電設備の製造、販売、保守サービスを行う「東芝水電設備(杭州)有限公司」は、このたび、ミャンマー電力庁アッパーイェワ水力発電所向けに、77MWの水車および水車発電機4ユニットを受注しました。

 今回受注したのは、ミャンマー電力庁がマンダレー北東に建設予定の出力308MWのアッパーイェワ水力発電所に設置する77MWの水車および水車発電機4ユニットで、当社の高い技術力と水力発電事業における120年以上の実績が評価され、今回の受注に至りました。本プロジェクトのEPC契約者である中国の浙江国貿集団東方機電工程有限公司に2016年3月から順次納入します。

 当社グループとしては、1989年に出力28.4MWのセダウチ水力発電所向けに水車を供給しており、今回がミャンマーにおける2件目の受注となります。ミャンマーでは、現在、水力発電が主力の電源であり、国内の電力のおよそ75%を占めています。今後も、高い経済成長に伴うエネルギーのニーズの高まりから水力発電をはじめとした発電所の建設が多数予定されています。

 当社グループは、1894年に日本最初の事業用水力発電所である蹴上発電所向けに国産初の60kW水車発電機を納入して以来、東南アジアをはじめ世界各国に2,000台以上、56,000MW以上の水力発電ユニットの納入実績があります。今後も、水力発電をはじめ、地熱発電、風力発電、太陽光発電など多様な再生可能エネルギーの安定供給に向けた取り組みを世界各国で展開していきます。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。