Japan

ニュース&トピックス

ドイツ「レッドドットデザインアワード2015」の受賞についてのお知らせ

2015年03月31日

 当社グループは、このたび、ドイツ「レッドドットデザインアワード2015」において、ノートPC「Portégé Z20t」と「Toshiba CB30-B」2機種がプロダクトデザイン部門でレッドドット賞を受賞しました。当社グループとしては、今年で14年連続の受賞となります。

 「レッドドットデザインアワード2015」は、ドイツの「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催し、「iFデザイン賞」(ドイツ)、「IDEAデザイン賞」(アメリカ)とともに世界でも最高峰のデザイン賞とされており、革新性、機能性、品質、人間工学への配慮など9つの基準から審査され、受賞製品が選定されます。
 授賞式は、6月29日にドイツ・エッセンで行われ、受賞製品は、世界遺産「ツォルフェライン炭鉱跡地」の一部を改造した「レッドドット・デザインミュージアム」で行われる特別展で6月30日から7月26日まで展示されます。

レッドドットデザインアワード2015 受賞製品

1.ノートPC「Portégé Z20t」

 キーボードドッキング時はクラムシェルノートPCとして、分離時はタブレットPCとして使用できる、ビジネス向け12.5"デタッチャブル2 in 1ノートPCです。堅牢で軽量なマグネシウム筐体、高密度実装技術、部品レイアウトの工夫により、薄型かつコンパクトな筐体を実現しました。薄型ボディに搭載するには大きいRGB出力端子やLANケーブル端子を脚の形状に馴染ませて配置する等、デザイン性とビジネスシーンに欠かせない機能性を融合させました。キーボードは使いやすい19mmピッチ1.5mmストロークを確保するとともに、ノートPCとしてディスプレイを開いた時は、パームレストがせり上がり、快適なタイピングをサポートします。タブレットとキーボードをつなぐドッキング部にはアルミニウムダイキャスト素材を採用し堅牢性を高めたモデルです。

東芝PotegeZ20tの画像1 東芝PotegeZ20tの画像2
プロダクトデザイン部門で受賞したノートPC
Portégé Z20t
プロダクトデザイン部門で受賞したノートPC
Portégé Z20t





2.ノートPC「Toshiba CB30-B」

 クラウドサービスとの親和性が高いChrome OSを搭載した13.3”ノートPCです。ポータビリティと長時間バッテリー駆動(9時間)に優れ、Wi-fiを利用して快適にウェブ環境にアクセスすることができます。
 コンパクトなボディに、米国Google社、 Skullcandy社と協働設計による良質なサウンドシステムを搭載。繊細なテクスチャーを施し、携帯時の持ち心地に配慮。使いやすさを犠牲にせずコンパクトな筐体のモバイルクラムシェルノートPCです。

ノートPC Toshiba CB30-Bの画像1 ノートPC Toshiba CB30-Bの画像2
プロダクトデザイン部門で受賞したノートPC
Toshiba CB30-B
プロダクトデザイン部門で受賞したノートPC
Toshiba CB30-B

 

 レッドドットデザインアワード について 

 レッドドットデザインアワードは、1954年からドイツ・「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」(Design Zentrum Nordrhein Westfalen e.V.)が主催し、全世界の優れたデザインに贈られる著名なデザイン賞です。ドイツ国内にとどまらず、世界中から多くの応募があり、「プロダクト(product)」、「コンセプト (concept)」、「コミュニケーション(communication)」の部門において受賞製品が選定され、国際的に優れたデザインとして高い評価が与えられます。その中で、「レッドドットデザインアワード:プロダクトデザイン」は、デザインの革新性、機能面での使いやすさ、品質、人間工学への適合や環境への配慮などが総合的に評価されているものです。

 

reddot award ロゴ画像