Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

東北電力株式会社向け系統用蓄電池システムを受注

リチウムイオン電池として国内最大出力・容量のシステム
2015年05月29日

 当社は、東北電力株式会社(以下、東北電力)が実施する「南相馬変電所需給バランス改善蓄電池システム実証事業」注1向けに、リチウムイオン二次電池としては国内最大注2の出力40MW、容量40MWhの蓄電池システムを受注しました。本日着工し、2016年2月末に運転が開始される予定です。

 今回受注した蓄電池システムは、高い安全性、低温動作などの優れた特性を持つ当社製リチウムイオン二次電池「SCiB™」を搭載しています。南相馬変電所に設置され、気象条件で出力が変動する再生可能エネルギーによる電力供給が需要を上回る場合には蓄電池に余剰電力を貯め、電力需要が高まる時間帯には蓄電池から放電することで、需給バランスを改善するために用いられます。

 当社は、2014年にも、東北電力西仙台変電所向けに同規模の蓄電池システムを納入した実績があるほか、海外においてもイタリアの送電会社テルナ社の関連会社テルナ・ストレージ社をはじめ、スペインで電力大手のガス・ナチュラル・フェノーサ社や、英国シェフィールド大学が行う系統安定化に向けた実証試験向けに蓄電池システムを提供しています。また、商用としても、米国で電力需給調整事業向けに大型蓄電池システムを受注しており、今年12月から運転が開始される予定です。

 今後も国内外で拡大が予想される蓄電池市場において、当社は、アンシラリーサービス注3向けをはじめとする大規模蓄電池システムの普及拡大に向け、グローバルに事業を展開していきます。

注1
一般社団法人新エネルギー導入促進協議会が公募する「平成26年度大容量蓄電池システム需給バランス改善実証事業」。
注2
2015年5月29日時点。当社調べ。
注3
周波数や電圧などの電力品質維持のための周波数制御などの系統運用サービス。

 

受注した蓄電池システムの概要

1.定  格       40MW‐40MWh
2.主要機器         系統連系用変圧器、昇圧用変圧器、蓄電池用パワーコンディショナー、蓄電池盤、蓄電池モジュール(SCiB™)
3.設置場所         東北電力 南相馬変電所

 

蓄電池システム
東北電力南相馬変電所蓄電池システムのイメージ


 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。