Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

福島第一原子力発電所向け原子炉格納容器内部調査ロボットを開発

2015年06月30日

 

※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。
※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

 

  株式会社東芝(以下、東芝)と技術研究組合国際廃炉研究開発機構(以下、IRID)は、福島第一原子力発電所 2号機の原子炉格納容器内の状況を把握する調査のための小型ロボットを開発しました。7月に操作訓練を実施し、8月中を目途に現場投入される計画です。 

 福島第一原子力発電所の2号機では、燃料デブリの取り出し手順や工法を検討するため、燃料デブリの分布状況の確認が求められています。新開発したロボットを活用した調査は、次年度以降の原子炉格納容器底部付近の調査に向け、原子炉格納容器内でプラットホーム上の落下物や損傷の有無、状態などを確認するとともに、原子炉格納容器底部付近へのアクセスルートの状態を確認することを目的としています。

 新開発したロボットは、2台のカメラやLEDライト、放射線量計、温度計を搭載した長さ約54cm、幅約9cm、高さ約9cmの小型ロボットです。有線ケーブルで遠隔操作され、直径約10cm程度のパイプの中を通りぬけて格納容器内に進入する予定です。ロボット後方にはLEDライトとカメラを搭載しており、格納容器の中心付近ではロボットの後方をサソリの尾のように反りあがらせ、LEDライトで周辺を明るく照らすことによって、暗闇や霧の中でも広範囲の撮影が可能となります。また、走行中に倒れても、自力で復帰可能な機構を搭載しています。

 東芝とIRIDは、今後も技術開発を進め、福島第一原子力発電所の廃止措置に貢献していきます。

ロボットの概要

重量

約5kg

外形寸法

長さ約54cm、幅約9cm、高さ約9cm

電源

有線により給電

スペック

CCDカメラ×2、LEDライト(カメラ内蔵用12灯×2台+単体1台)、放射線量計×1、温度計×1

耐放射線性

約1000Sv(目標)以上(想定100Sv/h ×10h)

 

ロボット(配管内走行時) ロボット(原子炉格納容器内部調査時)

ロボット(配管内走行時形状)

 

 

ロボット(原子炉格納容器内部調査時形状)

 

 

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。