Japan

ニュース&トピックス

画像認識技術を用いたアスファルト舗装道路ひび割れ自動検出システムを開発

2015年06月29日

 当社は、株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡 以下「トプコン」)と共同で道路舗装面のひび割れ自動検出システムを開発しました。本システムは、トプコンの持つMMS(Mobile Mapping System:モバイルマッピングシステム)注1と当社の画像認識技術を組み合わせ、アスファルト舗装面のひび割れ検出を自動で行うことを実現しました。

 本システムは、自動車で走行しながら路面を動画撮影し、画像の輝度の分布からひび割れを自動検出し、ひび割れ率を算出します。従来、人の手によって行われていた調査に掛かる作業時間を大幅に短縮できるシステムです。市町村道や生活道路等、様々な道路で使用可能であり、道路状態の見える化、道路維持管理の効率化に貢献します。当社は、総合コンサルタントである株式会社オリエンタルコンサルタンツと連携し、同社の知見を活かした精度の高いシステムの開発を実現しました。

 日本では高度経済成長を起点に、道路や橋梁、公共建築等、社会インフラの整備が急速に進みました。それからおよそ50年が経過し、社会インフラの経年劣化が目立ってきています。国土交通省は2014年7月に、主に橋・道路トンネルを対象にした定期点検要領を策定するなど、道路構造物の効率的な維持・管理の重要性が広く認知され始めています。2020年には東京オリンピックの開催が予定されており、公共インフラの課題解決を加速させる明確な目標となりつつあり、社会インフラのメンテナンスと効率的な管理システムの必要性は一層高まっています。

 当社は、社会インフラの経年劣化に伴う災害や事故から市民・住民の安全・安心を確保するため、社会インフラに内在する問題の早期発見の実現を目指しています。そして安心・安全・快適な社会「Human Smart Community」の実現に向けて、東芝グループの持つ幅広い技術を結集し、電力・社会インフラ事業を積極的に強化しています。今後も当社独自の「検査技術」「モニタリング技術」で、高度なインフラ維持・管理を実現していきます。

 なお、当社は、本システムの今年度中の実用化を目指しており、2015年7月22日から開催される「第7回 インフラ検査・維持管理展2015」(江東区・東京ビッグサイトで)において展示を行う予定です。

注1
モバイルマッピングシステム(Mobile Mapping System)とは、自動車にデジタルカメラと3次元レーザースキャナを搭載し、道路およびその周辺の連続映像と3次元座標データを計測する車両搭載型レーザー計測装置です。